青葉区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

新たに開所したみたけ台の児童養護施設「横浜中里学園」の園長を務める 井苅 献太さん 保土ケ谷区在住 49歳

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena

向き合う心を礎に

 ○…70年の歴史に終止符を打った神奈川県立中里学園。その後を受けて開園した「横浜中里学園」の園長に着任した。先人が築いてきた地域との絆を大切に引き継ぎたい、と思いを抱く。「子どもたちは地域で育つ。ちゃんと知ってもらい、可愛がってもらえるようにしたい」と目を細める。

 ○…茅ヶ崎市出身。中学時代は校内暴力の全盛期で「けんかはよくした」とやんちゃに笑う。「チャラチャラするのは嫌い」で、同級生のために番長グループに奪われた時計を取り返しにいくなど正義感の強い一面も。中高とバレーボール部で汗を流し、天気のいい日は「はだしに革靴、学ラン」で海に出かけた青春時代。大学1年の夏、母の誘いで児童養護施設の実習に行った経験が、福祉の道に進むきっかけになった。

 ○…不良行為をした子らが入所する横浜家庭学園に大学卒業後から住み込み25年。園長も務めた。「生きる力を育てる集中治療室」だといい、勉強を教え子どもと寝食をともにする日々。「朝はお父さん、昼は先生、夜は部活の顧問。それがすごく楽しかった」。向き合うのは幼い頃に愛情をかけてもらえず、大人への不信感が強い子たち。「悪さをするのは何かのサイン。その裏に何があるのかわかってあげたい」。ちゃんと叱り、守り、一緒に頭を下げる。深く向き合った分だけ信頼につながると実感した。時には思春期の少女に「親を見限らせる」決断をしたことも。一人の人間として親を見られるよう、もっと強く成長させなければダメだと学んだ。目指すところと仰ぐ先代の園長の「困った時は基本に帰れ」という教えは、礎となり胸にある。

 ○…夫人と3人の子どもと暮らす。同僚だった夫人はよき理解者。「横浜中里学園ができた時も『見に行きたい』って来てくれた」。夜に2人、ゆっくり話をするのも大事な時間だ。「心の支えだね」とにっこり。熱い思いで子どもと向き合う、エネルギーの源がみえた。

青葉区版の人物風土記最新6

木村 勇樹さん

7月4日に開業する「スプラス青葉台」のプロデューサーを務める

木村 勇樹さん

青葉台在勤 35歳

6月17日号

蕪木(かぶらき) 泉さん

市ヶ尾連合自治会長に就任した

蕪木(かぶらき) 泉さん

市ケ尾町在住 72歳

6月10日号

鈴木 幸子さん

青葉土木事務所の所長を務める

鈴木 幸子さん

西区在住 57歳

5月27日号

山下 保子さん

一昨年の日展で総理大臣賞を受賞し、記念展を開催している日本画家

山下 保子さん

美しが丘在住 74歳

5月20日号

岸本 拓也さん

ジャパンベーカリーマーケティング(株)代表で高級食パンの仕掛け人として知られる

岸本 拓也さん

青葉区在勤 45歳

5月13日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter