青葉区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

「地元青葉区でも歌いたい」 CD発売のHanaさん

文化

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena
ミニアルバムを持つHanaさん
ミニアルバムを持つHanaさん

 青葉区在住のシンガーソングライターHana(ハナ)さん(21)が、初のミニアルバム「to Love Tomorrow」を3月に発売した。全5曲が収録されており、「落ち込んだ時などに多くの人に聞いてほしい」と話している。

 Hanaさんは、川崎市高津区にある洗足学園音楽大学ロック&ポップスコースのシンガーソングライター専攻に通う4年生。自ら作詞・作曲も行い、アメリカの古いカントリーミュージックにポップスを融合させた新しい音楽が特徴的だ。現在は音楽を学びながら、都内のライブハウスなどで演奏しているという。

 小学6年生の頃からギターで弾き語りを始めたHanaさん。父親の影響で幼い頃から洋楽にも親しみがあったという。高校では友人と2人でコンテスト「第7回つづきミュージックビート」でグランプリを受賞した経歴を持つ。大学入学後にはシングルCDを自主制作し、ライブ会場などで販売を行ってきた。

 青葉区に住み始めたのは高校1年生の時。「青葉区は大好きな街。特に、たまプラーザは買い物や食事をするためによく行く。イルミネーションや桜もきれい」と話す。今は青葉区内での活動はないものの、「機会があれば地元でもライブをしてみたい」と思いを語る。

 今回制作したCDは自身初の全国流通で、2000円(税込)。「失恋など、悲しいことがあっても、明日を愛せるように歌詞を書いた。ポップスとの融合なので、聞きやすい音楽だと思う」とHanaさん。地元の山野楽器たまプラーザテラス店ではHanaさんを応援しようと作品コーナーも設置。「いつも行くショップに自分のCDが並べられているのはとてもうれしい」と笑う。CDの詳細は【URL】http://hana-official.wixsite.com/homeへ。

読者プレゼント

 本紙読者1人に抽選で新譜をプレゼント。応募はeメールで件名に「HanaさんCD」と明記の上、郵便番号、住所、氏名、連絡先、本紙の感想を記入し、【メール】aoba@townnews.co.jpへ。5月8日(月)締切。個人情報は発送のみに使用。
 

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook