青葉区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

「青葉6大学」に星槎大学 区と協定結び、連携図る

教育

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
握手を交わす井上学長(左)と小池区長
握手を交わす井上学長(左)と小池区長

 青葉区内に拠点を持つ6つの大学が、区と協定を結び、実施してきた「青葉区6大学連携事業」。協定大学の一つで、閉学が見込まれるカリタス女子短期大学との協定が昨年度末で終了したことから、区は4月19日、新たに星槎(せいさ)大学(横浜事務局/さつきが丘8の80)と協定を締結した。

 今回の協定で6大学は、国学院大学、玉川大学、桐蔭横浜大学、日本体育大学、横浜美術大学と星槎大学になる。協定はもともと、個性豊かな地域社会の発展や人材育成等を目的に2010年、区と各大学が締結したもの。以降、区と各大学が連携・協力し、「青葉区6大学連携事業」として活動。例えば日本体育大学では、学生が青葉区民マラソン大会で沿道警備や救急対応に協力し、横浜美術大学は、現在開催中の区の事業「フラワーネックレス青葉2017」のシンボルマーク制作に学生が携わるなど、いずれも各大学の特色を生かし、行政と大学側が協力する関係を築いている。

 このほか、大学同士も協力し、市民向けの講座や「6大学めぐりツアー」、地域貢献等に取り組む各大学学生有志グループ「青×6(アオロク)」による清掃活動など、6つの大学同士が連携した事業も行ってきた。

 今後、カリタス女子短期大学に代わり、星槎大学を交えた6大学で、こうした連携事業を引き続き実施していくという。

公開講座などに協力

 星槎大学は、通信制課程を基本とし、国際関係や教育、福祉、環境等の教育に重点を置く大学。社会人学生が中心で、北海道から沖縄まで全国に設置された「スクーリング会場」で、教員から直接授業を受けられることも特徴。さつきが丘にある星槎グループ・横浜国際福祉専門学校(横浜事務局)も会場の一つとなっている。

 小池恭一区長は「青葉区内にはそれぞれ特徴ある大学がそろっている。星槎大学が入ることで6大学による連携事業の幅もさらに広がる」と期待を寄せる。

 今後、同大学の専門分野を中心とした講師陣により、時代のニーズに沿った公開講座や講演会の開催などで連携していく予定だ。

 井上一学長は「子どもの教育や、福祉、環境などを学べる大学なので、市民講座の開催などでお役に立ちたい。また(区民が)より地元を好きになってもらえるように、事業を通じて地域を歴史的・文化的に見直せるようなお手伝いができれば」と語った。

 6月7日には、6つの大学による学長会議が実施される予定で、今年度の具体的な取り組み等は、それ以降に計画される見込み。
 

青葉区版のトップニュース最新6

公道上で実証実験

EV充電器

公道上で実証実験 経済

全国初 しらとり台で開始

6月17日号

養育費確保に新制度

横浜市

養育費確保に新制度 社会

ひとり親を支援へ

6月17日号

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 コミュニティ社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter