青葉区版 掲載号:2017年4月27日号 エリアトップへ

学生のデザインがラグに 横浜美大が企業とコラボ

社会

掲載号:2017年4月27日号

  • LINE
  • hatena
ラグを前にデザインの説明をする学生
ラグを前にデザインの説明をする学生

 鴨志田町の横浜美術大学(岡本信明学長)の学生がデザインしたラグマットがこのほど、製品化されることが決まった。

 これは、インテリアの総合卸商社の大一商事株式会社=東京都大田区=とコラボレーションした産学連携事業。同大の短大時代の卒業生が社員として働いていたことが縁で実現したもので、学生の斬新な想像力と企業の技術力で新たな市場を開拓することが狙いだ。昨年春、同社が学生向けの「ラグデザインアイディアコンペティション」を打診。「じぶんの部屋で使いたい」「こういうラグがあったらいいな」をテーマにデザインを募集し、40件の中から4人の作品が選ばれた。

 入賞したのは相澤芙希さん、石井晶二さん、桶作百穂さん、傅嘉巍さん。同社の企画会議にも参加し、製品化するにあたって必要な条件をクリアするために話し合いを重ねたという。

 4月17日には、同大で報告会を開催。学生らも参加し、出来上がったラグが披露された。刺繍やプリント、ゴブラン織りなど、それぞれのデザインにあわせて異なる手法が用いられているほか、サイズや形も作品によってさまざま。「自分の作ったものが形になって感動した」という学生の声もあった。同社の担当者は「自由な発想のデザインでとても新鮮だった。バイヤーからも好評で、今後も2回、3回と続けていけたら」と話している。

 今回制作されたラグマットは、同社のショールームに展示されているほか、カタログで展開される予定だ。
 

青葉区版のローカルニュース最新6

八代さんがソーセージ作り

八代さんがソーセージ作り 文化

BS11で本日放送

6月10日号

あおば小麦「最高の出来」

あおば小麦「最高の出来」 社会

独自ビールや飲食店活用

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

返礼品提供事業者を募集

ふるさと納税

返礼品提供事業者を募集 経済

横浜市 6月30日まで

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

常任・特別委員会が決定

常任・特別委員会が決定 政治

神奈川県議会

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ

笑い、涙ありのトーク会

6月26日~6月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter