青葉区版 掲載号:2017年5月18日号 エリアトップへ

ガチチョコ! 区内から2店舗出場 6月1日 投票スタート

文化

掲載号:2017年5月18日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内の商店街の中で、美味しいチョコスイーツのナンバーワンを決定する「ガチチョコ!」の投票が6月からスタートする。全18区40商店街から52商品がエントリーしており、青葉区からは2店舗が出場する。

 (一社)横浜市商店街総連合会による商店街ナンバーワンメニューを決める「ガチ!」シリーズ。今年はチョコレート味のスイーツがエントリー対象だ。区内からは桜台商店会のメイプル洋菓子店と奈良北商店会のベーカリー「Coonie(クーニ)」の2店舗が入賞を狙う。

メイプル洋菓子店

 メイプル洋菓子店(【電話】045・981・2140)は2012年の「ガチあま!」以来2度目の参戦。「チョコレートケーキ(バタークリーム)」(税込250円)で勝負する。バタークリームを塗ったチョコレート生地を重ね、スイートチョコレートでコーティング。味も見た目も1969年の創業時から変わらない人気商品だ。

 濃厚で口どけのよいバタークリームは同店ならでは。2代目店主の堀内章さんは「バタークリームを使ったケーキを食べてほしい」という思いでこのケーキをエントリーしたという。洋酒不使用で子どもも食べられる。堀内さんは「先代から作っているケーキを大人から子どもまで味わってほしい」と思いを話す。

Coonie

 Coonie(【電話】045・962・8585)は「チョコデニッシュブレッド」(税込810円)で出場。同商品は試行錯誤を繰り返し、昨年末に完成した新しい商品。高級感のあるクーベルチュールチョコレートを使用したチョコフレークなど、3種類の異なるチョコレートを使用しており、口の中に甘い味が広がる。また、中はフワッと外はサクッとした食感が特徴だ。同店の小林邦洋店長によると、3日間かけて生地を熟成させているのが、美味しさの秘密だという。

 同店は、14年の「ガチカレー!」にカレーパンで参加して以来2度目の挑戦。前回は入賞を逃したが、「今回こそ、入賞できたらうれしい」と小林さんは意気込みを話す。

 「ガチチョコ!」の投票は6月1日から7月31日までの間、はがきやインターネットから行える。投票用紙付きのエントリーブックは5月末頃から商店街や区役所などで配布予定。詳細は公式HP(http://gachichoco.com/)へ。
 

青葉区版のトップニュース最新6

区内4事業者を認証

第2回Y-SDGs

区内4事業者を認証 経済

SDGs推進に期待

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月15日号

保険証利用、プレ運用開始

マイナンバーカード

保険証利用、プレ運用開始 政治

区内でも導入事例

4月8日号

ICT活用し区民活力を

2021年度青葉区予算

ICT活用し区民活力を 経済

コロナ対策で様々な施策

4月8日号

米国で作曲賞を受賞

青葉区出身西山さん

米国で作曲賞を受賞 社会

人種差別への怒りを曲に

4月1日号

いよいよホーム開幕戦

日体大フィールズ横浜

いよいよホーム開幕戦 スポーツ

4日にニッパツ三ツ沢で

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

母子家庭ほか食料支援

4月18日実施、事前申込制

4月18日~4月18日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter