青葉区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

初の「子育てツアー」実施へ 区とNPOの協働事業

教育

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
「ぜひ参加を」と責任者の宇都宮さん
「ぜひ参加を」と責任者の宇都宮さん

 新米パパやママ、そして転入してきたばかりの育児中の親子が対象の「ウェルカムあおば子育てツアー」が、このほど開催される。青葉区とNPO法人森ノオト(北原まどか代表)の協働事業で、横浜市内でも初の試み。子育て世帯の孤立防止や、区の魅力発信につなげたい考えだ。

 「地域に詳しいお母さんたちがまちをガイドすることで、子育てしやすくなるのでは」。そんな提案から始まったという今回の企画。区こども家庭支援課ではこれまで、住みやすさ、子育てのしやすさに積極的に取り組む一方で、転入や育児中の人への情報発信に課題を感じていたという。担当職員は「ツアーを体験することで、地域の子育て情報や青葉区の魅力を知ってもらう機会になれば」と期待を寄せる。

 企画、運営を担うNPO法人森ノオトは鴨志田町に拠点を構え、田園都市線沿線のエコ情報、地域情報をウェブで発信している。スタッフのほとんどが子育て中の女性で、青葉区や近隣地域在住。実際にまちに出て取材してきた経験を生かし、子ども連れで行きやすい店舗や子育て情報を得られる場所などを中心に、コースを組み立てたという。

 「赤ちゃんとの外出はすごく大変。『連れていけるかな』『泣いたらどうしよう』と誰もが考えるはず」と法人スタッフで事業責任者の宇都宮南海子さんは話す。自身も二児の母親で、出産を機に日々の行動範囲がかなり狭まったという。「半径2〜3Km以内で生活するようになって、初めて地域を意識するようになった」。近くにどんな店があり、自分と同じような子連れの人がどのくらいいるのか。そんな情報を共有できる場になれば、と思いを込める。今回、実際に子どもを連れてベビーカーを押しながら下見に行くなど「子連れ目線」にこだわり、今年2月頃から打ち合わせを重ねてきた。「子育ては基本的に孤独。困った時に頼りになる、同じ境遇の人と出会う機会にしてほしい。お母さんたちの地域デビューのきっかけになれば」

あざみ野、たまプラで先行開催

 子育てツアーは、青葉区を6カ所に分けて行い、今月、あざみ野とたまプラーザで先行開催。青葉台や藤が丘など他の4エリアは秋以降に予定している。当日は子連れ歓迎の店や地域のお勧めスポットなど5〜6カ所を巡り、各エリアの子育て情報のレクチャーやランチ交流会も行う。

 あざみ野が5月29日(月)、たまプラーザが30日(火)で、午前10時から午後1時まで。各回定員8組で参加費500円(ランチ代実費)。申し込みは参加希望回、親子の氏名・生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、参加動機を明記し【メール】event@morinooto.jpへ。(問)区こども家庭支援課【電話】045・978・2456

ベビーカーを押して下見=同法人提供
ベビーカーを押して下見=同法人提供

青葉区版のトップニュース最新6

区内4事業者を認証

第2回Y-SDGs

区内4事業者を認証 経済

SDGs推進に期待

4月15日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月15日号

保険証利用、プレ運用開始

マイナンバーカード

保険証利用、プレ運用開始 政治

区内でも導入事例

4月8日号

ICT活用し区民活力を

2021年度青葉区予算

ICT活用し区民活力を 経済

コロナ対策で様々な施策

4月8日号

米国で作曲賞を受賞

青葉区出身西山さん

米国で作曲賞を受賞 社会

人種差別への怒りを曲に

4月1日号

いよいよホーム開幕戦

日体大フィールズ横浜

いよいよホーム開幕戦 スポーツ

4日にニッパツ三ツ沢で

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

母子家庭ほか食料支援

4月18日実施、事前申込制

4月18日~4月18日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter