青葉区版 掲載号:2017年7月27日号 エリアトップへ

「がんも単なる個性」 順天大 樋野教授が講演

社会

掲載号:2017年7月27日号

  • LINE
  • hatena

 がんに関わる人が集い、病気の悩みなどを話し合う「たまプラーザがん哲学外来カフェ」が開設から1周年を迎え、7月15日にたまプラーザ地域ケアプラザで記念講演会を開催した。

 すすき野在住の和田眞さんが開設した同カフェ。患者やその家族、遺族が毎月第1土曜に同地域ケアプラザでお茶を飲み、闘病のつらさや不安などを話し合い、互いの心を癒している。

 同カフェは順天堂大学医学部の樋野興夫教授が、がん患者とコミュニケーションを取ろうと同附属病院内に開設した「がん哲学外来」がベース。がんに関わる人が広く交流できる場として「カフェ」と名付けて全国に広がっているものだ。

 今回の1周年記念講演会には樋野教授が講師として登壇=写真。70人ほどが集まり、満席の聴講者を前に、樋野教授は「病気であっても病人ではない。病気(がん)も単なる個性である」など病気に対する考え方などを話し、講演後は質疑にも答えた。樋野教授は本紙の取材に対し、「病気の有無に関わらず、人間としては平等。そういう社会を作っていかないと」と思いを語ったほか、同カフェの役割についても大事だと語っていた。

 一方、参加者の1人で、治ることのないがんの家族がいるという女性は「自分1人では周りに相談もできない。(こういう場に参加して)同じ病気で悩んでいる人と接点が持てることも大きい」と感想を語った。

 和田さんは「がんのことで悩んでいる人も多い。これからも月に1度、続けていきたい」と話している。次回は8月5日(土)、午後2時から4時まで同地域ケアプラザで開催。事前申込不要。参加費100円。(問)【携帯電話】090・1322・0457

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

えだバルを開催

江田駅周辺商店会

えだバルを開催 社会

プレミアム商品券も販売

12月2日号

全校のみんなで祝福を

青葉台小学校創立50周年

全校のみんなで祝福を 教育

児童主体で記念集会

12月2日号

青葉台小、半世紀の歩み

青葉台小、半世紀の歩み 教育

巣立った子どもは5696人

12月2日号

葉風(はかぜ)くん誕生!

50周年記念キャラクター

葉風(はかぜ)くん誕生! 教育

萩原さん(6年)の作品

12月2日号

「感謝を伝えよう」

PTA

「感謝を伝えよう」 教育

50周年行事実行委員会

12月2日号

思い出の人形を供養

思い出の人形を供養 社会

美しが丘で12月2日・3日

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook