青葉区版 掲載号:2017年8月10日号
  • googleplus
  • LINE

「生活にアートを」 ものづくり作家を後押し

文化

住宅を思わせる空間
住宅を思わせる空間
 ギャラリーや工房が点在し、ものづくりの作家が多くいる寺家ふるさと村。このほど、新たなギャラリースペースとして「JIKE HAUS(ジケハウス)」がオープンした。

 地元の陶芸家や絵本作家、海外に拠点を置くファッションデザイナーなど、さまざまな作家の企画展を行ってきた「寺家スタジオ」が運営しているもの。企画の中心を担う坂上浩美さんは、展示や即売を行う中で、作家たちのものづくり存続に危機感があったという。「素晴らしい作品も、売れないと作られなくなってしまう。応援というとおこがましいが、生活に作家さんのものを取り入れる楽しさを伝えたい」。そんな思いからジケハウスでは「住宅に入っていくアート」をテーマに、空間づくりを実施。靴を脱いで上がる板敷きのスペースや飾り棚も設置し、随所に作家の作品を並べて「家の中」での利用をイメージしやすいよう工夫した。「『好きに暮らす、楽しく暮らす、季節を感じて』がコンセプト。たくさんの作品を紹介したい」と話す。9月以降は器の金継ぎやカメラのワークショップも予定しているという。

 ジケハウスの開館は正午から午後5時まで。問い合わせは寺家スタジオ【電話】045・350・3804へ(火曜定休)。

青葉区版のローカルニュース最新6件

1/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプラリー初開催

市ケ尾町

スタンプラリー初開催

30軒以上が参加

1月13日~2月12日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク