青葉区版 掲載号:2017年10月5日号 エリアトップへ

人脈つなげ5周年 あざみ野ほろ酔い交流会

社会

掲載号:2017年10月5日号

  • LINE
  • hatena
参加者と談笑する坂佐井さん(中央)
参加者と談笑する坂佐井さん(中央)

 地域での人脈づくりや仕事、家庭の継続的な情報交換の場を、との思いで2012年に始まった「あざみ野ほろ酔い交流会」。9月16日の会で5周年を迎え、参加者が節目を祝った。

 これは2カ月に1回、あざみ野を会場に行われている交流会で、毎回青葉区内外から20〜30人が参加している。当日は、飲食店「マムズダイニング」に30人ほどが集まった。主催の坂佐井雅一さんは「会社でもママ友でもない『あなた人脈』を作りませんか、というのがスタート。多くの人が知り合い、仕事にもつなげてもらえているようでうれしい」とあいさつした。これまでに17回参加しているという会社員の浅野文弥さん(56)は「働き盛りの人と知り合い、話せるのが魅力。気軽に参加できる温かい会」と笑顔をみせた。

「地域経済の活性に」

 坂佐井さんは多様な働き方の提案や起業相談を行う「NPO法人協同労働協会オイチ」=美しが丘=を運営。あざみ野だけでなく都内でも「ほろ酔い交流会」を開催している。友人ばかりの集まりから、SNSを活用してさまざまな層への呼びかけを始めて徐々に参加者が増加。現在は地元の商店主や個人事業主、主婦や学校教諭らが定期的に集まり交流を深めているという。これまでに参加者同士の業務提携や、美しが丘の起業家支援センター「まちなかビズあおば」のオープンのきっかけも創出している。坂佐井さんは「1人でも多く、自分と同じように人脈を作ってほしい。地域での経済活動につなげていけたら」と話している。

青葉区版のローカルニュース最新6

商店会の絆で弁当販売

商店会の絆で弁当販売 社会

桜台商店会 NPO法人エキープ

5月28日号

平和のバラ見頃

平和のバラ見頃 文化

寺家町・のむぎで

5月28日号

自宅で楽しく歯磨き遊び

自宅で楽しく歯磨き遊び 社会

区内歯科がキットを配布

5月28日号

症状あれば診療所へ

新型コロナ

症状あれば診療所へ 社会

自宅療養せずに受診を

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

マスクと消毒液を地域に

【Web限定記事】

マスクと消毒液を地域に 社会

困ったときは助け合い

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク