青葉区版 掲載号:2017年10月12日号
  • googleplus
  • LINE

第9回BFA U-15アジア選手権で日本代表チームのコーチを務める 坂脇 寛人さん 青葉台中学校教員 43歳

一人の人間として勝負

 ○…11月1日から伊豆市で行われる15歳以下の軟式野球アジア選手権に、日本代表チームのコーチとして参加する。普段は青葉台中学で保健体育の授業と野球部を教える教員。5年前に港北区の中学選抜チームを監督として全国大会に導いた実績を買われ、今回声がかかった。「私で務まるのかと思ったけれど、オファーは野球人として幸せなこと」と笑顔。大会では技術面の指導のほか「選手たちが力を発揮できるような雰囲気づくりに努めたい」。日の丸を初めて背負い、4大会ぶりの優勝を目指す。

 ○…神奈川区出身。六角橋中学、港北高校で野球に青春をささげた。高校3年の時にはキャプテンとして「自ら黙々と練習し、背中で見せる」日々。教員を目指そうと思ったのは、中学2年時の担任の存在。「やんちゃだった自分に本気で怒り、時には一緒に泣いてくれて。先生の人柄にふれて、いいなと」。教員になり今年で18年目を迎えた。

 ○…「ダメなことをした時はガツンと言う。それが自分の役割」と話す「怖い先生」。生徒たちには「なぜ怒られたのか今は理解できなくても、社会に出たときに気づいてもらえれば」。野球部の練習も厳しいが、努力して成果を得られたときの喜びを感じてほしいという思いから。「『先生』の側面だけでなく、一人の『人間』として生徒に接したい」と語る口調は熱を持つ。

 ○…「社会人は100点満点で初めて対価がもらえる。120点の仕事をしないと次の仕事が来ない」。教員になる前に勤務した一般企業で上司に言われた言葉が、今も教訓だ。「指示待ちではなく、プラスアルファをして個性を出すこと。自分にも生徒にも言い聞かせている」。その思いはきっと日本代表でも伝えていくのだろう。家に帰れば家族思いの父。中2の娘と小5の息子がやっているラグビーの試合の応援に行くことも。「妻には『部活ばっかり』と言われる」と照れるが、優しい一面が垣間見えた。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

山口 真広さん

3月18日にフィリアホールでソロリサイタルを行うピアニストの

山口 真広さん

2月15日号

下山 和洋さん

しらとり台自治会の会長で「犯罪のない安全・安心まちづくり功労者表彰」を受けた

下山 和洋さん

2月8日号

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク