青葉区版 掲載号:2018年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

「禁煙の計は元旦にあり」

菊池 敏樹 院長
菊池 敏樹 院長
 市ヶ尾町のきくち内科は、「地域のホームドクターに」との思いで内科一般はもちろんアレルギー、生活習慣病の治療まで幅広く対応している。

 東京五輪を控え、禁煙対策にも注目が集まる昨今。「喫煙は、たばこの煙に含まれるニコチンへの依存が原因」と、禁煙治療にも力を入れる菊池院長。近年人気の加熱式たばこの利用にも警鐘を鳴らす。煙に含まれる揮発性ガス成分には発がん性があり、紙巻きたばこ以上に含有量が多いものも。「長期的なリスクは解明されておらず、健康的なものではない」。治療では、体にとってたばこは不要、という考えや依存症の仕組みを理解し、薬がなくても吸わずに済むようアプローチする。同院では看護師も積極的に患者をサポートし希望者には再喫煙防止のアフターフォローも実施。菊池院長は「つらいイメージがあるかもしれないが『禁煙を楽しもう』が私のモットー。失敗を恐れず気軽に相談してほしい」と話す。

 特定健診や睡眠時無呼吸症候群治療、スギ花粉症の舌下免疫療法も行う同院。かかりつけ医として、多様なニーズに応えている。

きくち内科

神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1167-1

TEL:045-532-5941

http://www.kikuchi-naika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク