青葉区版 掲載号:2018年1月4日号
  • googleplus
  • LINE

7言語で子育て動画 日本の制度わかりやすく

社会

母子訪問の様子がわかる
母子訪問の様子がわかる
 かながわ国際交流財団はこのほど、日本で妊娠・子育てをしている外国人住民のために、動画『外国人住民のための日本の子育てシリーズ』を制作した。音声は日本語で、中国語、タガログ語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、英語、ネパール語の字幕がついている。

 2016年に県内で生まれた子どもの19人に一人は両親のどちらかが外国人と、日本で出産・子育てをする外国人は増加している。しかし日本のサービスや制度は理解しにくいため、自治体や産婦人科などから、情報の伝達や制度説明が難しいとの声が同財団へ寄せられていた。

 動画は、妊娠・出産から小学校入学までの手続きやサービスの説明、問合せの多い母子手帳の受け取り方や内容、保健師・助産師による母子訪問の概要について紹介している。

 「外国人のお母さんの場合、内容を理解できずに母子訪問を断ってしまうケースが多いと聞くので、事前にこのようなサービスがあることをわかれば安心できるはず。子育て支援者にぜひ活用してほしい」と同財団は話す。

 動画はhttp://www.kifjp.org/childで見ることができるほか、各自治体の母子保健担当窓口、産婦人科にDVDを配布している。

 問い合わせは、同財団【電話】045・620・4466。

青葉区版のローカルニュース最新6件

1/25家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

スタンプラリー初開催

市ケ尾町

スタンプラリー初開催

30軒以上が参加

1月13日~2月12日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク