青葉区版 掲載号:2018年1月11日号 エリアトップへ

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する 田中 綾さん 美しが丘西在住 46歳

掲載号:2018年1月11日号

  • LINE
  • hatena

地元の「和」をつなぐ

 ○…1月13日から市ケ尾のまちを盛り上げようと今回初めてスタンプラリーを実施。企画、運営を中心となって進めてきた。スタンプラリーの舞台は「市ケ尾駅前交差点」から「上市ケ尾交差点」付近までの駅からは少し離れた場所。「246号線を越えた側にも、良いお店があることを知ってもらえれば」と意気込む。

 ○…小学3年生で柿の木台に引っ越し、もえぎ野小、もえぎ野中を卒業した「青葉っ子」。高校生の頃、消しゴムを削って判子を作ることが得意で、友人から「手先が器用だから歯医者に向いているのでは」と言われた。それまでは歯科医院に行ったこともなかったが、未知の世界に興味を惹かれて歯学の道へ。大学では体育会の硬式庭球部で汗を流しながら難しい勉強に励む日々。卒業後は口腔外科を専門に約15年病院歯科に携わり、両親の看病のために青葉区へと帰郷。2010年に市ケ尾町に「ロコデンタルクリニック」を開業し、今年で9年目を迎える。

 ○…青葉っ子として「地元をもっと住みやすいまちにできないか」と日々模索する。その中で気になっていたのが、医院周辺で閉店が相次いでいたこと。少しでもまちの、店舗の魅力を伝えたい、1度来てもらえれば気に入ってもらえるはず。その思いが形になったのが今回のスタンプラリーだ。診療の合間を縫って1軒ずつ近隣店舗に直接声をかけ、HPやポスターも一から作成。30店舗以上が参加するイベントに広がった。

 ○…ハワイ語で「地元」を意味する「ロコ」を院名に冠し「近所のお姉ちゃん、おばちゃんのような感じ」で患者に接する。「地元の知り合いも多いし、格好つけてもしょうがないなって」とあくまで自然体。趣味のフラダンスは医院のスタッフや患者と一緒に楽しむという。大切にする言葉は「和」。歯科医の仕事もスタンプラリーも「人のつながりを大事に、いつも感謝の気持ちを持って行いたい」と優しいまなざしで語る。

青葉区版の人物風土記最新6

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月26日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月19日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月12日号

松本 有理江さん

県立あおば支援学校の校歌の作詞・作曲を手掛けた

松本 有理江さん

柿の木台在住 

11月12日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

桐蔭横浜大学在学 21歳

11月5日号

六浦 勉さん

寺家ふるさと村四季の家でウェルカムセンター講師を務める

六浦 勉さん

藤沢市在住 74歳

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク