青葉区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する 酒井 沃子(ようこ)さん 新石川在住 74歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

老いても精神は枯れない

 ○…高齢者が声楽や器楽の成果を発表する演奏会「65歳からのアートライフ」をフィリアホールで行う。音楽活動を通じた高齢者の生きがいづくりに、と始まった同演奏会は今年で15周年を迎える。出演最高齢者は93歳。初開催からずっと参加している人もいるという。「体は衰えるけれど、いくつになっても心動かされるものがあるはず。演奏会に集まって楽しんでもらえたら」と思いを込める。

 ○…長野県生まれ。音楽好きな両親と兄弟姉妹みんなで讃美歌を合唱する「サウンド・オブ・ミュージックみたいな」家庭で育つ。自然と音楽の道を歩み始め、声楽を専門に東京藝術大学へ進学。卒業後は数々の舞台で活躍する傍ら、30代で地域のシニアコーラスの指導に携わるようになり転機が。そこで感じたのは高齢者が大きな声で歌い、そして元気になる姿。改めて音楽の力に気付き、「このまちで、介護の世話にならない人を増やしたい」。すぐさま仲間に声を掛け、コーラス団体を立ち上げた。

 ○…年をとっても精神は枯れない――。この思いで活動を続けてきた。コーラス指導では厳しい言葉を発することもあるが、「年齢を言い訳にして諦めてほしくない」からこそ。一方でピエロ役に徹して腹の底から笑わせるユーモアも忘れない。「ほっぺたを上げないと、いい歌は歌えないから」とにっこり。「65歳からのアートライフ」は、高齢者世代が舞台に立つ機会を作り、今後も音楽に挑戦してほしいと企画したもの。現在では出演者のレベルも上がり、講評するプロの音楽家たちも驚くほどだ。

 ○…今でも30年来の付き合いのあるスタッフが手伝ってくれる。15年続いたのは「サポートしてくれる人のおかげ」と感謝の言葉を口にする。昨年末に演奏活動から身を引き、指導に専念すると決めた。「歌える喜び、歌える幸せを皆さんが感じて楽しんでもらえるように」。音楽でますますシニア世代を盛り上げる。

青葉区版の人物風土記最新6

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月26日号

松信 健太郎さん

県内を中心に40店舗展開する(株)有隣堂の社長に就任した

松信 健太郎さん

港北区在住 47歳

11月19日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

旭区在住 21歳

11月12日号

松本 有理江さん

県立あおば支援学校の校歌の作詞・作曲を手掛けた

松本 有理江さん

柿の木台在住 

11月12日号

渡部 健人さん

ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位で指名された

渡部 健人さん

桐蔭横浜大学在学 21歳

11月5日号

六浦 勉さん

寺家ふるさと村四季の家でウェルカムセンター講師を務める

六浦 勉さん

藤沢市在住 74歳

10月29日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク