青葉区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する 酒井 沃子(ようこ)さん 新石川在住 74歳

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

老いても精神は枯れない

 ○…高齢者が声楽や器楽の成果を発表する演奏会「65歳からのアートライフ」をフィリアホールで行う。音楽活動を通じた高齢者の生きがいづくりに、と始まった同演奏会は今年で15周年を迎える。出演最高齢者は93歳。初開催からずっと参加している人もいるという。「体は衰えるけれど、いくつになっても心動かされるものがあるはず。演奏会に集まって楽しんでもらえたら」と思いを込める。

 ○…長野県生まれ。音楽好きな両親と兄弟姉妹みんなで讃美歌を合唱する「サウンド・オブ・ミュージックみたいな」家庭で育つ。自然と音楽の道を歩み始め、声楽を専門に東京藝術大学へ進学。卒業後は数々の舞台で活躍する傍ら、30代で地域のシニアコーラスの指導に携わるようになり転機が。そこで感じたのは高齢者が大きな声で歌い、そして元気になる姿。改めて音楽の力に気付き、「このまちで、介護の世話にならない人を増やしたい」。すぐさま仲間に声を掛け、コーラス団体を立ち上げた。

 ○…年をとっても精神は枯れない――。この思いで活動を続けてきた。コーラス指導では厳しい言葉を発することもあるが、「年齢を言い訳にして諦めてほしくない」からこそ。一方でピエロ役に徹して腹の底から笑わせるユーモアも忘れない。「ほっぺたを上げないと、いい歌は歌えないから」とにっこり。「65歳からのアートライフ」は、高齢者世代が舞台に立つ機会を作り、今後も音楽に挑戦してほしいと企画したもの。現在では出演者のレベルも上がり、講評するプロの音楽家たちも驚くほどだ。

 ○…今でも30年来の付き合いのあるスタッフが手伝ってくれる。15年続いたのは「サポートしてくれる人のおかげ」と感謝の言葉を口にする。昨年末に演奏活動から身を引き、指導に専念すると決めた。「歌える喜び、歌える幸せを皆さんが感じて楽しんでもらえるように」。音楽でますますシニア世代を盛り上げる。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook