青葉区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

かながわ夢絵コンテスト 相馬さん(美西小3年)が最優秀 発想と淡い色使いが評価

教育

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena

 第22回「かながわ夢絵コンテスト」の審査結果がこのほど発表され、最優秀賞に美しが丘西小学校の相馬(そうま)葉音(はのん)さん(3年=写真右)が選ばれた。表彰式は3月3日にそごう横浜店9Fで行われる。

 夢絵コンテストは小学生を対象とした県内最大級の絵画コンクール。主催はNPO法人こどもネットミュージアムで、今回は5581点の応募があった。毎年「ぼくたち、わたしたちの未来の世界」をテーマに作品を募集しており、審査基準は絵の技術ではなく、オリジナリティが溢れる子どもらしい作品であること。今年度は63人の児童が入賞し、区内の学校では相馬さんのほかに、黒須田小学校の山田埜生さん(5年)が最優秀賞に次ぐ優秀賞に選ばれている。

 相馬さんの作品名は「自由な木」=写真。水彩色鉛筆の淡い色使いで、深い眠りについた相馬さんと大勢の友達や動物、家族が大きな木の下で自由に好きなことをして過ごす様子が描かれている。相馬さんは「パパとママのことを思って描きました」と話し、「左にいるのがパパ。ビールを飲んでいる」とにっこり。審査員からは「発想力に驚かされます。画面一杯に描いた構図、淡い絵の具や筆づかい、一つの世界を作っています」「淡い色使いがとても美しく、幻想的な世界へいざなわれるよう」と評価を受けている。

 同コンテストへの応募は今回が初めてと話す相馬さん。夏休みの終わりごろから、2週間ほどかけて描いたという。受賞については、「嬉しい」と控えめだが、来年も「また一等賞をとりたい」とはにかむ。これまでにも絵の入賞経験があり、将来の夢は画家。「絵を描くことが一番好き」だという。

 コンテストの入賞・入選作品計156点は、表彰式が行われる同店9Fで3日・4日に展示される。そのほか、公式サイト(【URL】http://yumecon.net)からも閲覧可能だ。

青葉区版のトップニュース最新6

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

3年ぶり通常開催へ

青葉区民マラソン

3年ぶり通常開催へ スポーツ

第9回大会 11月27日予定

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月12日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook