青葉区版 掲載号:2018年3月8日号 エリアトップへ

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める 皆川 幸成さん 都筑区在住 45歳

掲載号:2018年3月8日号

  • LINE
  • hatena

”縁”を大事に一歩ずつ

 ○…横浜国際プールをホームアリーナにする男子プロバスケチーム「ビーコル」の拠点を完成させた。初披露の場で「縁を大事にした奇跡の施設」と表現した。主催者挨拶でセンター北駅前の高架下有効活用の道筋を作ってくれた市職員のエピソードを話し、男泣き。まちの活性化のために足しげく通いアイデアをくれた恩人は、完成を待たず他界。故人が誕生日を迎えた今年1月にもSNSを通じ「来月オープンです。空からみてくださいね」と、その出会いを忘れずに報告した。

 〇…東京都中野区出身。「学生時代のことは特に話すようなことはない。高校も帰宅部だし。よく遊び歩いていたことかなぁ」と笑う。大学への進学については「あと、4年も遊ぶのか」と興味を示さなかった。就職か進学か父親と話す中で、公務員試験を受けることに。試験に合格し、警察学校に入る。その後、渋谷警察署に配属された。同期数百人の中から警視総監賞に選ばれるほどの、実は成績上位者だった。

 〇…22歳の時に結婚。中野の実家で暮らしていたが義父から「手伝ってくれないか」と話があり、25歳で都筑区の不動産会社「大健商事」に入社した。不動産取引はもちろん道路すら何も知らない土地で奔走。「少しでもまちのためになるなら、自分にできることはありがたい」。PTA会長や町内会子供会会長も引き受けた。今でも、センター北商業振興会事務局長、緑法人会青年部会など数え切れない顔を持つ。「仕事も地域活動も一人ではできないから関わった『縁』を大切にしていきたい」。20年で地域の顔に成長した。

 〇…横浜北部の経営者が集う(株)五人侍は実は6人の仲間がいる。「バスケも1チーム5人のスポーツなので、この名前に決めました」。ビーコルの拠点がようやく完成した。「人の縁を育み、ここが思い出に残る場所になるようなイベントを発信していきたい」。侍は、すでに前を見据えている。

青葉区版の人物風土記最新6

土肥(どひ) 秋菜さん

8月11日の全国教職員剣道大会に神奈川県代表として出場する

土肥(どひ) 秋菜さん

市立谷本中学校教諭 25歳

8月11日号

松澤 杏奈さん

ボランティアスクール・横浜みどりの学校ひまわりで「地球儀教室」を開催する

松澤 杏奈さん

青葉区出身 18歳

8月4日号

恒吉 ユリ子さん

あかね台熊の谷(やと)公園の清掃や花壇の手入れをしている

恒吉 ユリ子さん

あかね台在住 76歳

7月28日号

小嶋 優(まさる)さん

7月1日付で横浜田園ロータリークラブの会長に就任した

小嶋 優(まさる)さん

藤が丘在住 67歳

7月21日号

善浪 裕勝さん

横浜市と災害時の協定を結んだ、横浜市仏教会の会長を務める

善浪 裕勝さん

保土ケ谷区在住 62歳

7月14日号

栢森(かやもり) 聡さん

協同労働協会オイチ主催の起業家ビジネスプラン発表会で6月、グランプリを受賞した

栢森(かやもり) 聡さん

美しが丘西在住 63歳

7月7日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月14日0:00更新

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「コンタクトレンズを上手に使うために」 コラム【13】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    8月11日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook