青葉区版 掲載号:2018年3月22日号
  • googleplus
  • LINE

カタクリ育てて40年 新石川在住の工藤さん

社会

 新石川在住の工藤義直さん(84)の自宅にカタクリの花が咲いている。

 この植物は生育が遅く、発芽から開花まで7年から8年を要し、栽培している人はほとんどいないという。

 工藤さんがカタクリと出会ったのは40年ほど昔。津久井で自生していた小さな花を見て、その魅力に取りつかれ、今に至るまで栽培を続けているのだという。

 かつては地下茎からデンプンを抽出し、片栗粉の原料となっていた植物だが、工藤さんはあくまで花を愛でるだけ。「庭の1区画をカタクリでいっぱいにしたい」と笑顔で話している。

神奈川県議会議員 内田みほこ

震災など災害対策を推進!自転車の保険加入も

http://www.rose-miho.com/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「辛旨(からうま)」を楽しんで

「辛旨(からうま)」を楽しんで

23日〜 藤が丘で汗まつり

7月23日~8月10日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク