青葉区版 掲載号:2018年4月5日号
  • LINE
  • hatena

「イトゥアーノFC横浜」の設立者で強化ディレクターを務める 川村 弘毅さん 宮前区在住 42歳

たぎる「情熱」を胸に

 ○…県社会人サッカーリーグ2部で戦う「イトゥアーノFC横浜」。前身の「FC横浜アズール」を2011年に設立した。代表兼監督として選手に一貫して伝えてきたのは「プロ意識を持ち真剣にサッカーに取り組んでほしい」ということ。この春、チーム名が変わったのを機に監督を退き、現在はスカウトなどを担当する強化ディレクターとして日々奔走する。

 ○…大和市出身で小学生からサッカーを始める。中学ではサッカー部キャプテンを務め、引退試合では1人号泣するほどの情熱を傾けた。プロを夢に描きながら当時部員数100人を誇る強豪、旭高校に進学。しかし、正レギュラーにはなれず、けがもあって挫折した過去を持つ。アズールを設立したのは、自分と同じように情熱を持ち、そして自分よりも才能に恵まれながらも埋もれていく選手たちを間近に見ていたから。神奈川という強豪校ばかりの場所で、いつ才能が花開くか分からない若手選手の受け皿になりたい――、そう強く思ったからだ。

 ○…専門学校、大学を経て広告制作会社に就職。朝から晩まで仕事漬けだったが、29歳で独立。若手選手の可能性を少しでも広げようと空いた時間は全てアズールにあてた。一方でサッカーを離れると「好きなものは海」と少年の表情に。「サーフィンや釣りをします。辛いときは自然と海に行きますね」と笑顔を見せる。

 ○…我が子のように育て上げたアズール。青葉区にちなみ「青」と名付けたチーム名に愛着はあったが、選手が全力で打ち込める環境整備のため変更を決意。全てはJリーグ参入という頂のためだ。「いつか選手に『人生観が変わった』なんて言われるようなチームになれれば」。熱い思いを胸に、この春7年目のシーズンを迎える。

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

4月18日号

加々美 寛子さん

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した

加々美 寛子さん

4月11日号

藤田 みささん

FMサルースでお馴染み、ラジオパーソナリティとして30年を迎えた

藤田 みささん

4月4日号

山田 暢久さん

元日本代表で、4月に開幕するイトゥアーノFC横浜の監督に就任した

山田 暢久さん

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

3月21日号

古林(こばやし) 紀哉さん

自閉症コミュニケーション支援アプリ「コバリテ・コミュニケーション」を開発した

古林(こばやし) 紀哉さん

3月14日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

古着で作るお花のポット

古着で作るお花のポット

浜美大がワークショップ

4月27日~4月27日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク