青葉区版 掲載号:2018年5月31日号 エリアトップへ

新免許センターが開業 親子ルームなども設置

社会

掲載号:2018年5月31日号

  • LINE
  • hatena
免許センター(右)と献血ルーム
免許センター(右)と献血ルーム

 「神奈川県警察運転免許センター」(旭区)が5月6日に開業した。運転免許試験場から名称が変更され、免許関連機能を集約。施設内にはカフェや親子ルームも新設されている。

 旧運転免許試験場の向かいに建設された同施設。違反者講習などを行う県警交通安全センター(神奈川区)、交通反則通告センター(保土ケ谷区)といった機能を集約し、免許関連の手続きを1カ所でできるようにして利便性向上を図った。

 建物は4階建てで、階層ごとに機能を分けて利用者が分かりやすいように配慮。1階は行政処分や講習などの手続き、2階は免許の更新関係、3階は試験関係、4階は職員専用フロアとなる。また、カフェや乳幼児連れでも講習できるよう「親子ルーム」も新設された。

 県警では4月から運転免許本部の組織を再編。これまでの免許課と試験課から、更新の手続きを行う「運転免許課」と講習などを担当する「運転教育課」として手続きの効率化も目指している。

 懸念される渋滞対策としては二俣川駅前で信号機移設とあわせ、交差点改良工事が実施される予定。バリアフリー対策も含めて車道拡張や歩道の改修が行われるという。

献血ルームも改装

 また、旧試験場敷地内にあった献血ルームも免許センターの隣接地へ移転。木造平屋の建物にリニューアルし、献血の受付を行っている。

 10代・20代の若年層をメインターゲットに設定し、建物は明るく開放的な内装や木のぬくもり感を特徴としている。運営する日本赤十字社の担当者は「カフェのような雰囲気で、地域の方も気軽に立ち寄ってもらえれば。献血は血液検査の結果も出るので、主婦の方などの健康診断代わりとしても使ってほしい」と話し、若年層を中心に新たな献血者の確保を目指していくという。

青葉区版のローカルニュース最新6

高校生の活躍の場を

【Web限定記事】

高校生の活躍の場を スポーツ

高3保護者らが署名活動

6月4日号

青葉区 コロナ患者数42人

【Web限定記事】

青葉区 コロナ患者数42人 社会

市内3番目

6月4日号

都並氏招き、第2弾

【Web限定記事】

都並氏招き、第2弾 スポーツ

金田氏らがZoom飲み会

6月4日号

医師会に物資寄贈

医師会に物資寄贈 社会

田園RCが感謝込め

6月4日号

校舎建て替えが決定

校舎建て替えが決定 社会

つつじが丘小ほか

6月4日号

常任・特別委員会が決定

県議会

常任・特別委員会が決定 政治

赤野氏が委員長に

6月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第4回「安全な水道水に改めて感謝を」

    6月4日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク