青葉区版 掲載号:2018年7月26日号 エリアトップへ

ネットの危険 子どもに  市が啓発リーフレット

社会

掲載号:2018年7月26日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はスマートフォンや携帯電話を使用する年齢が低下していることを受け、「サイバー子ども安全リーフレット」を作成。SNSなどを悪用した犯罪等に巻き込まれないように注意を呼び掛けている。

 リーフレットはA5サイズで12万5000部を印刷。市内の3年生以上の小学生に配布されたほか、市民局のHP(ホームページ)からダウンロードできる。

 リーフレットには、SNSで知り合った人と会うことや自分の写真を送ることの危険性を伝えているほか、インターネットを使用する際の注意点が書かれている。また、保護者に対してはフィルタリングの利用、使い方のルール作り・見守りを呼び掛ける内容だ。

児童買春の被害も

 市の2014年度調査によると、小学5、6年生のスマートフォン所持率は29・1%になる。市民局地域防犯支援課はスマートフォンなどの所持率は年々増加しており、合わせて児童買春や性犯罪、児童ポルノ、自撮り写真などに関する被害も発生していると説明する。担当者は「ネットの怖さが分からないからこそ狙われやすい」と子どものインターネット利用について注意を呼びかけている。

 青葉警察署によると、過去には区内でもLINEを使った嫌がらせ案件も発生している。また、同署は通報までされず、学校内の対応で済んでいる案件も多いと認識しているという。

山内小で安全教室

 リーフレットを活用した「サイバー子ども安全教室」が7月19日、山内小学校の5、6年生を対象に行われた=写真。

 市内の小学校に先駆けて神奈川県警サイバー犯罪対策課と連携して行われた同教室。当日は同課の夘野(うの)智喜さんがリーフレットに沿って注意を呼び掛けていたほか、SNSにアップされた食事写真を題材に、どこまで情報が分かるかなどをクイズ形式で尋ねる場面も。夘野さんは「写真は一番の情報源」と話し、日付や名前、人数、場所、年齢、学校名が特定される可能性があると説明していた。また、「SNSを人を傷つける道具にしてはだめ」と悪口の書き込みなどについても注意を呼び掛けていた。

 参加した男子児童は「軽い気持ちでやったことが危ないことになったりすることが分かった」など感想を話していた。同小の䑓野啓司校長は「キッズケータイやスマートフォンの所持は着実に増えており、中学校入学前にさらに増加する」と指摘。「使い始めると夢中になってしまうので、素直に注意を聞いてくれる今の時期に有益な教室だった」と振り返っていた。
 

青葉区版のトップニュース最新6

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月30日号

障害者の店舗利用を応援

あおばエール

障害者の店舗利用を応援 社会

HPでサポート内容を公開

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook