青葉区版 掲載号:2018年8月2日号
  • googleplus
  • LINE

洪水被害想定施設 避難計画 半数が未整備 法で義務化も対応遅れ

社会

市の洪水ハザードマップ
市の洪水ハザードマップ
 多くの犠牲者が出た西日本豪雨。横浜市では、洪水で浸水被害が想定される区域の学校や高齢者施設などに法律で作成が義務付けられている避難計画が、市内の半数程度で未整備であることが分かった。一方、市ホームページにある洪水ハザードマップの閲覧数が急増するなど、浸水被害に対する市民の関心が高まっている。

学校・病院など対象

 昨年6月に改正された水防法と土砂災害防止法では、浸水や土砂災害の想定区域にある学校や福祉施設、医療施設などに対し、防災体制や避難経路を含んだ「避難確保計画」の作成や避難訓練を実施するよう義務付けた。国は2021年度までに作成率100%の達成を目指している。

 市危機管理室によると、市内の計画作成対象施設は2020で、今年3月末までに作られたのは712施設。4月以降に作成された施設もあり、担当者は「現在は1000施設を超えている」という。市は計画書のひな形を作り、残りの施設にも早期の作成を促す。

 浸水想定区域にある地域ケアプラザの担当者は「東日本大震災以降、多くの計画を作らねばならず、対応が追い付かない」と未作成の理由を話す。

 法改正直後の昨年7月、知的障害のある児童生徒が通う県立瀬谷養護学校=瀬谷区=は洪水被害を想定した訓練を実施。同校は「子どもは指示を受けてすぐに動くことが難しく、訓練でシミュレーションすることが大事」と計画策定と避難訓練の重要性を訴える。

 市担当者は「避難計画を作ることで水害や土砂災害を考えるきっかけにしてもらいたい。さらに訓練を実行して体制を確立してほしい」と話す。

 市がホームページで公表している洪水時の浸水想定区域を示したハザードマップの閲覧数は、西日本豪雨前の1日数百件から最大で1万4千件に急増。マップは想定区域の世帯に配布されているが、担当者は「マップの入手先に関する問い合わせが増えている」と話し、「これを機に災害の危険性を再確認してほしい」としている。

青葉区版のローカルニュース最新6件

市長賞獲得し、国連へ

平和スピーチコンテスト

市長賞獲得し、国連へ

8月16日号

横浜が赤く染まった日

終戦特別インタビュー

横浜が赤く染まった日

8月16日号

花と緑のイベント盛況

チームワークを力に

戊辰戦争時の横浜解説

市歴博

戊辰戦争時の横浜解説

8月16日号

ダンスパーティーで交流

本決算ファイナルセール!

8月11日~31日、展示家具最大30%オフなどお買い得品多数

http://www.hayamagarden.co.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

みんなで脳活レク

みんなで脳活レク

山内地区センターで開催

10月21日~10月21日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク