青葉区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

熱中症の救急搬送急増 青葉署が注意呼びかけ

社会

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に記録的な暑さが続く今夏。7月以降、青葉区内で熱中症による救急搬送が、51件(7月29日時点)と急増している。昨年同月比で2倍近いペースで増える熱中症に、青葉消防署は「こまめな水分補給で予防を」と注意を呼び掛けている。

 めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などの症状が現れ、重症の場合は痙攣や意識障害も起こる熱中症。区内の搬送件数は7月1日から29日までに51件で、昨年7月単月の29件と比べて、急増している状況だ。また、熱中症を計測する5月1日から9月30日でみると、今年は29日時点で56件。すでに昨年5カ月間の件数と並んでいる。

 横浜市全体で5月1日から7月29日までに熱中症で救急搬送された人は934人に上り、昨年同時期の402人と比較して、2倍を大きく上回っている。

8月も高い気温に

 特に7月23日は、横浜で最高気温37・2度を記録。横浜地方気象台によると、7月としては1897年からの観測史上、最も高い気温となった。最低気温も27・7度と高く、同じく1位を更新している。気象庁は、8月も平年より高い気温が予想されると説明している。

 同署によると区内では死亡例はないが、朝から屋外で剪定作業をして午後5時頃から意識障害が現れ重篤となったケースや、冷房を付けずに室内におり、重症となったケースも発生している。2件はいずれも高齢者だが、軽症・中等症では、若年から高齢者まで幅広い年代が搬送されている。

 そのほか、室内で冷房を付けていたにもかかわらず、熱中症で搬送されたケースも4件発生。また、日中は問題がなくても夜になってから足がつったり、痙攣を起こしたりする場合もあるという。

 救急担当の山田隆男課長は「その場の対処だけでなく、日常的な健康管理が必要」と訴える。高齢者はのどの渇きを感じにくいため、自覚前からこまめな水分補給が必要。一方、小さな子どもは路面の熱の反射を受けやすいため、日中の炎天下を避けることが大切という。

 また「熱中症になったら水分・塩分補給のほか、涼しい場所に避難したり、衣服を脱いで体を冷やしましょう。意識がない、呼びかけに反応しない場合は、119番で救急車の要請を」と、同署。判断に迷った場合は市救急相談センター(【電話】#7119)に電話を。受診や119番通報の必要性などについて相談ができる。

青葉区版のトップニュース最新6

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

市、オンライン申請を導入

証明書発行

市、オンライン申請を導入 社会

時間・場所問わず可能に

9月30日号

障害者の店舗利用を応援

あおばエール

障害者の店舗利用を応援 社会

HPでサポート内容を公開

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook