青葉区版 掲載号:2018年8月9日号 エリアトップへ

事業開始半年 訪問母乳相談が好評 育児不安軽減にも一役

社会

掲載号:2018年8月9日号

  • LINE
  • hatena
自宅で助産師に相談できる
自宅で助産師に相談できる

 出産間もなく外出が困難で不安を抱える母親を対象とした「横浜市訪問型母乳相談」が開始して半年。現在、利用者は月60〜70人。母乳だけでなく、子育て全般に関して相談できると徐々に利用者が増えている。

 これまで訪問型の母子相談事業がなかった横浜市。今年1月31日から自宅に助産師が訪問し、母乳相談などができる訪問型母乳相談が始まった。「『母乳が出ない』『赤ちゃんの体重が増えない』など母乳に関しての相談は多く、必要性は感じていた」と市こども青少年局の担当者は話す。

 委託先は市内28の助産院。市内在住の産後4カ月未満の母親を経験豊富な助産師が訪問し、乳房ケアなども行いながら様々な育児のアドバイスをしてくれる。ミルク育児の人も利用可。1回9千円(自己負担4千円)で、3回まで。外出が難しく、「母乳育児への不安がある」「家族の支援が受けられない」などの利用条件がある。

利用者徐々に増加

 「この事業がなかったら、完全にミルク育児になっていた」と話すのは、近隣に母乳相談できる所がなく、切羽つまった思いで相談したという利用者。また「育児に詳しい助産師さんに不安を話せたことが大きかった」という感想も聞かれた。

 事業の周知はHPや各区役所でのチラシ配布などだけだが、開始2カ月間で約80件だった利用者は、現在は月60〜70人と増加傾向に。市担当者は「ニーズはあったと実感している」と手ごたえを感じる。だが市内の出生数は年間3万人弱。市助産師会の市川恵子会長は「まだ必要としている人は多いはず」と話す。

手続き煩雑の声も

 申し込みは市助産師会事務局(【電話】045・374・5376)に電話後、申請書を市こども青少年局に送付。さらに申請書が確認されて、利用決定がなされる流れだ。だが、「外出できない母子を支える事業なのに、申し込みは郵送のみで煩雑」という声も。市担当者は「ネット申し込みなどは現状、検討していない。申請内容のチェックなどに時間はかかるが、ご理解いただきたい」としている。

青葉区版のトップニュース最新6

知事賞に伊藤さん

学生科学賞県作品展

知事賞に伊藤さん 教育

すすき野中は学校賞受賞

10月29日号

事業のオンライン化推進

市内ケアプラ等

事業のオンライン化推進 社会

全館にWi−Fi整備へ

10月29日号

新人賞で詩集を出版

区内在住草間さん

新人賞で詩集を出版 文化

地域での日常、散りばめて

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展

服部篤浩さん

10月22日~11月3日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第9回「秋は薄着を始める好機」

    10月29日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第4回「単焦点レンズと多焦点レンズ、どっちがよいレンズ?」

    10月29日号

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク