青葉区版 掲載号:2018年8月16日号 エリアトップへ

横浜市 求人サイトで中小企業支援 無料掲載し、就業につなぐ

経済

掲載号:2018年8月16日号

  • LINE
  • hatena
横浜の求人情報をまとめた特集ページ
横浜の求人情報をまとめた特集ページ

 市内中小企業の人材確保支援の一環として横浜市は7月31日から、(株)ビズリーチが運営する求人検索サイト「スタンバイ」に特集ページを開設した。無料で求人情報を掲載することにより中小企業の採用活動をサポートしていく考えだ。

 市内の有効求人倍率は2010年の0・48から右肩上がりで、17年には1・39となり、企業にとって人材確保は大きな課題だ。横浜市は全体の99・6%にあたる7万6784社(2014年時点)が中小企業で、横浜市工業会連合会の担当者は「売手市場で有名企業への志望が多く、募集しても3年以上人が採れていない企業や、人手不足でやむなく注文を断るような企業もある」と話す。

 市はこの状況に対応しようと、高校生などを対象とした工場見学や出張講座などで学生と企業の接点を作ってきた。市経済局の担当者は「これらも中長期的には大事な取り組みだが、より直接的な就業に結びつくものをという声が近年高まっていた」と話す。

 こうした状況に市はこのほど、各種転職サイトを運営するビズリーチ社の提案を受け、横浜市の中小企業を対象とした特集ページを開設。同社の求人サイト「スタンバイ」は企業の求人情報が無料掲載できるほか、採用後も成功報酬費用が生じないなど企業側にメリットが多い。福島県や新潟県での実績もあるため、今回の委託契約に至った。

 6月から掲載希望を募ったところ、120社から申し込みがあり、7月末時点で50社を掲載。順次更新予定で、申し込みから3週間ほどで掲載が可能だという。またページに掲載する文言やリンクを張る各社のホームページ運営についてもアドバイスしている。

 特集ページの掲載は3月末までとなっているが、市経済局担当者は「サイトが有効な採用活動につながれば継続し、4年で700社ほどの掲載数にまで伸ばせれば」という。市工連担当者は「人材確保支援は市に要望し続けてきたところ。若い人たちにも結びついてくれたら」と期待を込める。

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook