青葉区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

あざみ野商店会協同組合の新代表理事としてあざみ野まつり成功に向け尽力する 黒沼 勤さん すすき野在住 45歳

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

仲間と一緒に盛り上げる

 ○…あざみ野まつりを地元自治会と共に開催するあざみ野商店会協同組合。約70の加盟・賛助会員で構成される組合の代表理事として「自分でいいのか」と驚きと共に今年5月に任命された。まつりでは区内各地から出店を募るなど、横のつながりを深め、従来とは違う形で成功させようと奔走する。「先代の代表理事がやってきたことを踏襲しながら、失敗を恐れずチャレンジしていきたい」

 ○…すすき野出身。そば屋の息子として漠然と家業を継ぐことを意識して過ごすが、「自分の店を持ちたい」と大学卒業後は無国籍料理店で働くことに。仲間と共に六本木でバーをオープンしたこともあったが、26歳の時に父親の体調が悪くなった経緯で家業を継いだ。5年前にあざみ野駅前でそばと日本酒の店「そばくろ」を開業して切り盛りする。本店は長年尽力してくれた従業員に暖簾を譲ったという。「いつも苦しいときは仲間が助けてくれた。自分一人じゃできないですね」

 ○…東海大相模中学、高校とラグビーに熱中した青春時代。大学ではラグビークラブを設立するほど情熱を傾け、現在も店でラグビーW杯を盛り上げようとフェアも開催する。「身体を動かすのが好き」と今の趣味はもっぱらゴルフで、常連客とコンペに行くことも。多忙な毎日に最近は時間がないと話すが、「まつりが終わったら、また行きたいね」と笑う。

 ○…「仲間と一緒にまちを盛り上げたい」と商店会では早くから理事を務め、ちょい飲みなどのイベント企画にも精力的に携わってきた。まつりの見所は出し物が増えたステージイベント。「おじさんとしてはビーコルのチアが楽しみ」と冗談を飛ばし、「馴染みのある仲間に会える、ふるさとのような祭り。これからも続けていきたい」。

青葉区版の人物風土記最新6

金田 喜稔さん

元サッカー日本代表で、FC T.BRUEのスーパーバイザーを務める

金田 喜稔さん

桜台在住 62歳

10月22日号

萩原 直斗さん

今季から日体大フィールズ横浜の監督を務める

萩原 直斗さん

区内在勤 32歳

10月15日号

三上 真史さん

里山ガーデンのウェルカムガーデンを監修する

三上 真史さん

都内在住 37歳

10月8日号

大木 しのぶさん

陶磁器絵付師として横浜マイスターに選定された

大木 しのぶさん

美しが丘在住 52歳

10月1日号

今村 柚巴(ゆずは)さん

10月からゲストハウスに宿泊し、PRしながら日本一周を始める

今村 柚巴(ゆずは)さん

青葉区在住 20歳

9月24日号

吉田 隆男さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

吉田 隆男さん

港北区在住 72歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク