青葉区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

ハマ弁 刷新で喫食率向上なるか 当日注文の試行実施も

教育

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 市立中学校で提供しているハマ弁(配達弁当)の喫食率向上を目指し、横浜市教育委員会は8月下旬から順次リニューアルを開始する。メニューの充実に加え、要望が多かった当日注文も11校で試行実施する。

 ハマ弁は様々な要因で弁当を持参できない生徒がいることから、昼食の充実を目指して2017年1月から全145校でスタート。当初から喫食率は低迷し、今年4月には「ごはん・おかず・汁物・牛乳」のセットを470円から340円に値下げするなど利用促進策を実施した。しかし、7月は喫食率2・2%にとどまり、今年度目標の10%には遠く及んでいない。

 この状況を踏まえ、市教委は夏休み明けの8月27日からハマ弁を刷新。従来はA(肉)とB(魚)の選択制だったが、1種類にまとめ、メニューに幅を持たせられるように変更。ハンバーガーなどの新メニューのほか、10月以降は企業とコラボレーションした特別メニューも提供するという。

 ただし、メニューの改善は今までも随時実施しており、市教委も生徒や保護者向けの試食会ではおいしいとの評価が多いと話す。メニュー自体が低迷する要因ではないとみられ、保護者側からは最短7日前までに注文しなければならないなど使い勝手の悪さを指摘されている。市教委もそうした声は把握しており、9月から11月末まで市内11のモニター校で当日注文の試行を決めた。試行期間後に拡大実施について判断していくという。

 一方、ハマ弁は事業の趣旨からも数が足りなくなることは許されず、当日注文を実施する場合は弁当数に余裕を持って調理しなければならない。食品ロス削減が社会的に叫ばれる中、従来はほとんど出なかった調理後の廃棄分が発生するなどの課題もある。また、今後当日注文の実施校が拡大した場合は、ロス分の費用は市税によって賄われる可能性もあるという。

 市教委はリニューアルに際し、「さらにおいしく利用しやすいハマ弁を目指していく」としている。

青葉区版のトップニュース最新6

地元の大人が“手洗い講座”

荏子田小学校

地元の大人が“手洗い講座” 社会

児童との交流楽しむ

11月26日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

認知症治療の中核に

横浜総合病院

認知症治療の中核に 社会

支援体制の充実に期待

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、目立つ若年層にネット活用

11月12日号

都市公園コンクールで受賞

荏子田太陽公園愛護会

都市公園コンクールで受賞 社会

コミュニティ活動等が評価

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク