青葉区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

ハマ弁 刷新で喫食率向上なるか 当日注文の試行実施も

教育

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 市立中学校で提供しているハマ弁(配達弁当)の喫食率向上を目指し、横浜市教育委員会は8月下旬から順次リニューアルを開始する。メニューの充実に加え、要望が多かった当日注文も11校で試行実施する。

 ハマ弁は様々な要因で弁当を持参できない生徒がいることから、昼食の充実を目指して2017年1月から全145校でスタート。当初から喫食率は低迷し、今年4月には「ごはん・おかず・汁物・牛乳」のセットを470円から340円に値下げするなど利用促進策を実施した。しかし、7月は喫食率2・2%にとどまり、今年度目標の10%には遠く及んでいない。

 この状況を踏まえ、市教委は夏休み明けの8月27日からハマ弁を刷新。従来はA(肉)とB(魚)の選択制だったが、1種類にまとめ、メニューに幅を持たせられるように変更。ハンバーガーなどの新メニューのほか、10月以降は企業とコラボレーションした特別メニューも提供するという。

 ただし、メニューの改善は今までも随時実施しており、市教委も生徒や保護者向けの試食会ではおいしいとの評価が多いと話す。メニュー自体が低迷する要因ではないとみられ、保護者側からは最短7日前までに注文しなければならないなど使い勝手の悪さを指摘されている。市教委もそうした声は把握しており、9月から11月末まで市内11のモニター校で当日注文の試行を決めた。試行期間後に拡大実施について判断していくという。

 一方、ハマ弁は事業の趣旨からも数が足りなくなることは許されず、当日注文を実施する場合は弁当数に余裕を持って調理しなければならない。食品ロス削減が社会的に叫ばれる中、従来はほとんど出なかった調理後の廃棄分が発生するなどの課題もある。また、今後当日注文の実施校が拡大した場合は、ロス分の費用は市税によって賄われる可能性もあるという。

 市教委はリニューアルに際し、「さらにおいしく利用しやすいハマ弁を目指していく」としている。

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook