青葉区版 掲載号:2018年8月30日号
  • LINE
  • はてぶ

新荏田連合自治会長に就任した 小泉 幸夫さん 荏田町在住 77歳

行事で「ふるさと」楽しんで

 ○…新荏田第一〜第三までの自治会で構成する新荏田連合自治会の会長に就任。「先輩たちが築いてきた行事をさらに活性化させていきたい」と抱負を語る。一方で新会長として最初の行事である夏祭りでは、記録的な猛暑に子ども神輿を取りやめ、山車だけの催しにするといった決断も。「何かあっては大変と前日に連絡してね。それでも大盛況でした」

 ○…生まれも育ちも荏田宿だが、自治会活動に関わり始めたのは定年退職後。会社の仲間から「リタイア後は退屈だぞ」と言われていたこともあり、当時の自治会長からの誘いを受け第三自治会の会長に就任。「地元に愛着もあるしやってみるか」と軽い気持ちだったが、入ってみると「みんなイキイキしていて」とのめり込み、2年後には連合の役員に就任した。防犯パトロールや通学路の見守りなどに積極的に関わり、「いままで知らなかった人と知り合いになり、地域と繋がったと実感。続けてきて良かった」としみじみ振り返る。

 ○…41年間に渡りプラスチック製品を扱う会社の営業職を務めてきた。「お客さんと仲良くなって、自分だから商品を選んでくれたりね」と仕事の楽しさや人との関わり方を学び、今の会長職にもプラスになっているとか。現在は結婚して50年の妻と娘の3人暮らし。ハスキーの愛犬チョビを連れて朝晩1時間半散歩するのが日課だ。「座右の銘は健康第一。近くの遊歩道が最高なんです」

 ○…荏田町を「まとまりがある」と評し、東日本大震災の際に募金をすると、約1100世帯で100万円近く集まったと誇らしげに。今後は近隣地域と交流を深めながら、様々な行事を通じて3世代が楽しめるまちを目指す。「子どもにとってここは生まれ育つふるさと。楽しんでほしいね」

青葉区版の人物風土記最新6件

小菅 澄男さん

第30回「福祉と文化の集い」を主催する恩田地区社会福祉協議会の会長

小菅 澄男さん

10月11日号

武内 正枝さん

青葉区倫理法人会の会長に就任した

武内 正枝さん

10月4日号

飯島 幹雄さん

青葉公会堂の館長として、区民の文化活動を支える

飯島 幹雄さん

9月20日号

大迫 正行さん

青葉区認知症フォーラムで医師として講師を務める

大迫 正行さん

9月13日号

坂本 千春さん

画材「キットパス」のインストラクターとしてハンドスタンプアートプロジェクトの普及につとめる

坂本 千春さん

9月6日号

黒沼 勤さん

あざみ野商店会協同組合の新代表理事としてあざみ野まつり成功に向け尽力する

黒沼 勤さん

8月23日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

青葉寄席10月20日に

青葉寄席10月20日に

地元在住 林家錦平さん

10月20日~10月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク