青葉区版 掲載号:2018年9月27日号 エリアトップへ

コロンビアパラ2選手 「夢を持ち続けて」 鴨緑小児童にメッセージ

教育

掲載号:2018年9月27日号

  • LINE
  • hatena
千羽鶴を受け取る選手たち
千羽鶴を受け取る選手たち

 コロンビアのパラリンピックメダリストで、2年後の東京大会を目指す2選手が9月20日、鴨志田緑小学校を訪問。子どもたちに「夢を持ち続けて」と呼びかけた。

 4、5年生131人に夢を持つことの大切さを語ったのは、競泳選手のモイセス・フエンテス・ガルシア選手(44)と、カルロス・ダニエル・セラーノ・サラテ選手(20)。

 フエンテス選手は18歳の時に背中を銃で撃たれ、車いす生活に。苦難の中、「水の中では体が自由に動くから」と始めた水泳が人生の転機となった。「自分が幸せになり、周りも幸せになるよう、手助けをすること。水泳で生きる意味を知った」。リオ大会までパラリンピック5大会に連続出場、3つのメダルを獲得している。

 一方、セラーノ選手は生まれつき背が伸びにくい障がいがある。低身長を理由にいじめを受け、友だちもいなかったが、14歳で始めた水泳でフエンテス選手やコーチと出会い、「生まれたことには意味があると教わった。初めて自分を好きになれた」。リオ大会では金・銀・銅メダルを獲得した。

 「どんなに困難でも夢を追い続ければ大きな結果が出る」と伝えていた両選手。5年生の内海薫君は「夢を持つことで何でも叶うと知った」と話す。

 今回の訪問は9月22日から24日に行われたジャパンパラ水泳競技大会出場のため、来日していたタイミングで実施。コロンビアパラリンピック委員会公式スポンサーの「(一社)ことばインターナショナル」が横浜市に提案し、同小が五輪・パラリンピック教育推進校だったことから実現した。同法人の坪田充史代表理事は「これから日本と世界の懸け橋になってくれる人が出てきてくれれば」と思いを語っていた。

青葉区版のトップニュース最新6

「ゲストハウスを救いたい」

区内在住今村さん

「ゲストハウスを救いたい」 社会

宿の魅力をSNSで発信

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 政治

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

大祓でコロナ終息願う

大祓でコロナ終息願う 文化

神鳥前川神社で伝統神事

7月2日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 社会

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

区民まつり初の中止に

区民まつり初の中止に 社会

マラソンも取りやめ決定

6月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク