青葉区版 掲載号:2018年10月11日号
  • LINE
  • hatena

藤が丘駅前の再整備検討 市・東急・昭和大学が協定

社会

 藤が丘駅周辺の再開発に向け、横浜市と東急電鉄(株)、昭和大学がまちづくりの推進に関する協定を10月1日に締結した。

 駅周辺は整備後50年以上が経過し、駅前施設の老朽化が進む。また、昭和大学藤が丘病院は耐震化や医療の高度化に向けて再整備が必要だ。協定はこの状況を踏まえ、公園と駅前施設、病院が一体となってまちづくりに取り組むためのもの。概ねの対象地域=上地図=を定めており、地元関係者と連携しながら2021年9月末までに計画づくりを行うという。

 具体的には駅前公園の機能維持や駅前施設の機能更新などが検討されるが、中でも地域医療の核を担っている藤が丘病院の再整備に注目が集まる。

 藤が丘病院の救命救急センター棟(B棟)は大規模地震で倒壊、または崩壊する危険性が高いと耐震診断で判定されており、時期未定ながらすでに建て替えの方向性が打ち出されている。今後の検討で、そのほかのA棟部分も一緒に建て替えるのか、また、その場合はどこに建て替えるのかを詰めていくと見られるが、同大学は現時点では白紙状態だと説明。今後の議論が注目される。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク