青葉区版 掲載号:2018年11月8日号
  • LINE
  • hatena

青葉音楽百景を企画・実施する器楽部会の会長を務める 今井 雅之さん 荏田西在住 56歳

奥の深さを生(ライブ)で感じて

 ○…区内9つの市民音楽団体を束ねる器楽部会の会長として、2012年から所属団体の演奏会イベント「青葉音楽百景」の企画・実施に携わってきた。昨年からは音楽を聴くだけではなく、参加型イベントとして、CD交換会と川柳を募集する投句会も開催。「脈々と活動を続ける団体、部会をぜひ知ってほしい」

 ○…小学4年生で世界的なトランペッター、ニニ・ロッソ氏の音色に衝撃を受けて音楽人生を歩み始める。谷本中学校では吹奏楽部に所属し、プロを目指して東京音楽大学へ。「誰よりもうまい」という自信があったが、大学3年生で楽団のオーディションで落選。大きな挫折を経験したが、そうした中で設立したのが、谷本中吹奏学部OB会を前身とした市民楽団「横浜緑吹奏楽団」(緑吹(りょくすい))だった。「吹奏楽部出身者は居場所がないだけで吹きたいと思っている。卒業後も地元の仲間たちと一緒にやりたかった」と振り返る。

 ○…演奏をサポートする側に回りたいと楽器店に就職後、現在は楽器の輸入卸の会社を経営する。緑吹では音楽監督として、音大で学んだ知識を活用し指導などに注力。企画も精力的に行い、12年からは毎年子ども向けコンサートを開催する。客席からの素直な反応に大きな力をもらったと話し、来年3月の開催に向けアニメ音楽を聞く毎日だとか。「歌詞とか壮大で。感動しちゃいますよ」

 ○…音楽の一番の魅力に「奥の深さ」を挙げる。月日が経つと感じ方が全く違うと話しながら、「音楽の神髄は生(ライブ)にある。録音装置とは違って毎回違うんです」と力を込める。今後は部会に所属しない団体にも声をかけ、区内でより大きなイベントを開催するのが目標だ。「小さな団体が集まることで大きなことができる。音楽で地域貢献ができれば」

青葉区版の人物風土記最新6件

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

「SOMPO パラリンアートカップ2018」で損保ジャパン日本興亜賞を受賞した

さくらさん(本名:鈴木 葵さん)

12月13日号

黒田 ナオコさん

3枚目のアルバムをリリースしたジャズシンガーで、地元でライブ活動を行う

黒田 ナオコさん

12月6日号

浦木 康雄さん

神奈川県美化運動推進功労者として表彰を受けた「藤が丘公園愛護会」の会長を務める

浦木 康雄さん

11月29日号

井上 摩耶さん

詩集『鼓動』で第50回横浜詩人会賞を受賞した

井上 摩耶さん

11月22日号

岩渕 俊亨(しゅんほう)さん

仏師として青葉区を中心に仏像彫刻の講座を開いている

岩渕 俊亨(しゅんほう)さん

11月15日号

瀧坪 勝男さん

なでしこリーグ1部最終戦のマッチスポンサーで「遊楽部(ユーラップ)」グループの代表を務める

瀧坪 勝男さん

11月1日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク