青葉区版 掲載号:2018年11月29日号 エリアトップへ

障害者の自立を考える 「不便利屋」が講演

社会

掲載号:2018年11月29日号

  • LINE
  • hatena
セミナーの様子
セミナーの様子

 障害児・者やその保護者などで構成される市民団体「あおば当事者研修実行委員会」が11月13日、ふれあい青葉で「障がいのある方たちの自立生活セミナー」を開催した。

 同委員会は障害者が自発的に選択・行動範囲を広げ社会参加を目指すことを目的に1999年に発足。毎年秋と冬にセミナーを行っており、今回は保護者向けの秋の講座の一つとして開催された。

 当日は約20人が参加。講師として相模原で生活介護事業を行う社会福祉法人アトリエの磯部伸之代表らが参加し、「不便利屋がやってくる!〜福祉って魅力的?」をテーマに講演会が行われた。

 同法人は障害者によるなんでも屋「不便利屋」を営んでおり、地域住民から依頼を受けることで、メンバーが家の清掃や廃品処分、生活の介助などを行っている。磯部代表とともに登壇したメンバーの1人は、知的障害者として生活介護を受ける立場でもあるが、不便利屋として自らサービスを提供することにやりがいを感じているとコメント。磯部代表は「不便利屋を利用した方からは『ユニークな人と一緒にいられてうれしい』という言葉もいただいている」と説明し、「障害の有無に関係なく人と人とは繋げられる」と話していた。

 その後、意見交換の時間では、ダウン症の娘を持つ母親が「娘の魅力を活かしたい」と発言するなど、様々な意見が飛び交い活気を見せていた。同委員会の池上信江さんは「アトリエさんは利用者との関係性を非常に大事にされている。サービスを受けるだけではなく、作り上げていくことが大事」と語っていた。

青葉区版のローカルニュース最新6

「110番の日」で署員が授業

「110番の日」で署員が授業 社会

黒須田小3年生に

1月14日号

オンラインマラソン始まる

オンラインマラソン始まる スポーツ

青葉チャリティーラン

1月14日号

子育てに役立つシェアサービスとは

最高金賞を受賞

日仏切手展

最高金賞を受賞 文化

青葉台・美容室の早川さん

1月14日号

新型コロナ 青葉区累計850人

【Web限定記事】

新型コロナ 青葉区累計850人 社会

1月7日発表 市内5番目

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 政治

自民・公明が反対

1月14日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク