青葉区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

通学路上のブロック塀 優先改善は2100箇所 市が調査結果を公表

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は7日、市内5500箇所で進めていた市立小学校の通学路上にあるブロック塀等の現場確認について、結果を公表した。全件のうち、現行の建築基準法の仕様に合致しないブロック塀等は2100件。この優先改善箇所の所有者に対し、新たな補助金を周知するなど、改善を促していく。

 今年7月から10月にかけて実施された現場確認は、大阪北部地震によるブロック塀倒壊で女児が死亡した事故を受けて行われた。

 現行の建築基準法では、ブロック塀の高さは2・2m以下、高さ1・2mを超えるものは、壁を支える基準を満たした控壁を設けることが示されているが、その基準を満たしていないブロック塀などが2100箇所確認された。

 市では塀等の所有者を1件ずつ訪問。直接面談できた所有者には、調査の理由や建築基準法についてその場で説明を行い、対処法を相談可能な設計士等の情報を伝えてきた。不在の場合は、これらを書面にしたものを投函している。

 また、8月にブロック塀等の撤去や軽量フェンス設置を対象とした補助金制度の創設を発表してからは、その周知も同時に行ってきた。

補助金申請108件に

 担当課では「塀は個人所有のもので、撤去・新設について強制力はないのが難しい点。補助金制度を利用しても、自費負担分が発生する。丁寧に説明し、撤去や改善等を促していく」と話す。今年度は、2100件のうち、現場写真等を確認し、さらに優先度が高い場所から再度改善を促していく見通し。

 なお、10月に開始された新しい補助金制度の申請件数は12月12日現在108件。ただし、通学路上の塀がどれだけ含まれるかは「把握していない」という。

周知方法、1月決定

 今回、市が公表した優先改善箇所について各学校への情報提供は行われるが、児童や保護者に伝える方法は決まっていない。市では「個人情報にも関わるため、周知方法を慎重に検討し、1月中に結論を出したい」としている。

青葉区版のトップニュース最新6

「平等」テーマに市長賞

国際平和スピーチコンテスト

「平等」テーマに市長賞 社会

榎が丘小 荒井結宇さん

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

プロとコラボ 本番間近

市ケ尾高校ダンス部

プロとコラボ 本番間近 スポーツ

26日 Miyuさんと共演

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

工藤さんに功労者表彰

工藤さんに功労者表彰 社会

交通安全に取り組み50年

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook