青葉区版 掲載号:2018年12月20日号 エリアトップへ

多文化共生施策の課題 横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

掲載号:2018年12月20日号

  • LINE
  • hatena

 現在、横浜市には約9万8千人、青葉区には約4千人の外国人が暮らしています。国の進める「外国人材の受入拡大」で、これまで以上に外国人居住者が増えると予測されます。

 市では、在住外国人のための生活情報提供や相談受付のために「国際交流ラウンジ」を市内11区に整備。青葉区内では田奈町にありますが、改めて外国人対応窓口としての期待は一層高まっており、その機能強化も必要とされるところです。

 一方、場所の問題など事業の継続に課題を抱えるラウンジもあるほか、未整備の区もあり、既存のラウンジが他区分も担っている状況です。

 先日の議会で既存ラウンジの再整備や未整備区での新設の必要性について、国際局長の見解を問いました。局長からは様々な整備手法を検討したいと答弁がありました。

外国人の被災時対応は

 在住外国人の災害対応も課題の1つです。市防災計画震災対策編では外国人の記載はあるものの、1ページ程度に過ぎません。言語が通じないだけでなく、災害時要援護者(高齢者、障害者、妊産婦等)だった場合の対応ができていません。

 危機管理室だけでなく、市民局や健康福祉局などと連携した取組が今後必要です。私の提案に副市長は、医療・福祉・教育など生活面での課題に対して、関係区局が連携し対策を検討し、実施したいと答弁がありました。

横浜市会議員 藤崎浩太郎

横浜市青葉区あざみ野1-10-6-101

TEL:045-903-0221
FAX:045-903-0221

http://www.fujisakikotaro.jp

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

『マイナンバー制度』を考える市民のためにあるべき姿とは?

市政報告【10】

『マイナンバー制度』を考える市民のためにあるべき姿とは?

横浜市会議員 田中ゆき

6月4日号

県域での新型コロナ対策

県域での新型コロナ対策

自民党 県議会議員 内田みほこ

5月14日号

1人10万円の給付金申請に備えを

市政報告【9】

1人10万円の給付金申請に備えを

横浜市会議員 田中ゆき

5月14日号

コロナ相談、救急相談も専用窓口へ‼

市政報告【8】

コロナ相談、救急相談も専用窓口へ‼

横浜市会議員 田中ゆき

4月9日号

「国民の命を守る対策を。」

新型コロナ感染爆発の重大局面

「国民の命を守る対策を。」

4月2日号

市長はカジノIR誘致をストップし、新型コロナウイルス対策に尽力すべき!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第4回「安全な水道水に改めて感謝を」

    6月4日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク