青葉区版 掲載号:2019年1月1日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

「あったらいいな」をかなえて40年 もみじ保育園グループ

 働くお父さん、お母さんに優しい園を――。そんな願いを込めて、ちょうど40年前の1979年に産声を上げた「もみじ保育園」。移り変わる時代と多様化するニーズに応えながら、いつも身近に「ある」存在として、地域の子育て世帯を温かくサポートしている。

 青葉台、田奈、たまプラーザ、藤が丘で5つの認可保育園を展開する社会福祉法人博愛福祉会(福田博幸理事長)。その歴史は1976年、近隣の保育園不足の訴えを聞いた1人の母親が結成した「保育もみじの会」が始まりだ。現在の第二保育園の場所でスタートを切り、2年後には横浜市から強い要望を受け同法人が設立。「保育が必要な乳幼児を1人でも多く受け入れられるよう、切実な思いがありました」と福田理事長は話す。施設運営を整備して79年に新園舎が完成し、もみじ保育園が誕生。保育目標に「地域と共に歩み、心身の調和のとれた人間形成」を掲げ、待機児童解消策や緊急保育計画に応えて区内に複数の保育園を開園、乳幼児期の子どもたちに寄り添ってきた。

生きる力の基礎築く

 「親から受け継いだ命を子へ、そして孫へとスムーズに引き継いでいく。その”命のリレー”をサポートするのがもみじの役割」と福田理事長。心身ともに健康でたくましく、生きる力の基礎を築く場―。保育園では出会いや経験を大切に、発達段階に合わせた多彩なカリキュラムを用意している。安全・安心の食育をはじめ、規則正しい生活リズムや園児が安心して過ごせることはもちろん、幼児クラスではスイミングや英語、音楽等の課題保育も実施。希望があれば本格的なレッスンも行い「おけいこ」として好評だ。栄養士や調理師、外部講師など専門家が揃い、各分野でサポートしてくれるのも心強い。

地域の「育児相談先」

 地域貢献にも力を入れる同法人では「もみじのおてて」としてケアプラザでの親子交流企画や育児相談なども実施。入園児に限らず、地域の子育て世帯にも門戸を開く。「簡単ではない子育て。困ったとき、不安なときはいつでも相談に来てほしい」。限りなく温かいまなざしで乳幼児保育を支えている。

もみじ保育園

もみじ保育園

TEL:045-961-7131

https://momiji-aoba.or.jp/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク