青葉区版 掲載号:2019年1月31日号 エリアトップへ

桐蔭学園 最優秀など入賞4人 読書感想文コンクール

教育

掲載号:2019年1月31日号

  • LINE
  • hatena
左から森本君、井堀君、佐藤信汰君、佐藤剛瑛君
左から森本君、井堀君、佐藤信汰君、佐藤剛瑛君

 「神奈川県夏のすいせん図書読書感想文コンクール」の入選作が先ごろ決まり、桐蔭学園小学部から4人が入賞した。

 県内在住、在学の小学生を対象にした同コンクール。低・中・高学年の3部門があり、各部門で最優秀賞1編、優秀賞2編、佳作3編の計18編が選ばれる。今年は3部門合わせて4274編の応募があった。

 桐蔭学園からは高学年の部で5年生の佐藤信汰君が最優秀賞、6年生の井堀恵太君が優秀賞、5年生の佐藤剛瑛君が佳作に。また、低学年の部で1年生の森本翔太君が佳作に選ばれている。

 最優秀賞の佐藤君が選んだ作品は『僕は上手にしゃべれない』。吃音症に悩んできた中学生の主人公が放送部に入り、周囲と関わり合いながら成長を重ねる物語だ。「自分も人と話すことが得意じゃない」と共感したことや、自分も努力しようという思いを文章にした。「大きな賞をもらえてうれしい。家族が喜んでいるのを見て実感した」と感想を話していた。

 優秀賞の井堀君が選んだのは『空へ』。父を亡くし、母と妹との3人暮らしの中で葛藤と成長を描いた作品。主人公の選択を通じ、「自分が人生でどういう選択をするのか考えるきっかけになった」と振り返る。井堀君は今回で3度目の受賞。本の感想や感じ方が学年が上がるにつれて変わってきたと話しながら、受賞を喜んでいた。

 佳作の佐藤剛瑛君も作品は『空へ』。「初めての受賞でびっくりした。自分の言葉で感想を書けて良かった」と語った。また、『しっぽ!』を作品に選んだ森本君は「難しかったけれど、うまく書けたと思った。うれしかった」と話していた。

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク