青葉区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告 青葉区の声をカタチに! 公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

 現在審議中の横浜市2019年度予算案には、青葉区の皆様の声が数多く盛り込まれました。

教育環境整備と災害対策

 全国に先駆け、4年前に横浜市は市立学校全校の教室にエアコンを完備。現在は音楽教室など特別教室への設置を進めており、19年度にはすべて設置が完了する予定です。いずれも私共公明党のリードで実現したものですが、避難所となる体育館には未だ設置できていません。早期に設置ができるよう、質問を重ね、来年度予算案に体育館の空調設置を初めて盛り込むことができました。また、グラウンドの夜間照明も災害時には避難所の安心安全に役立ちます。これも提案済みで青葉区内への整備計画が進行中です。

小児医療費助成が拡大

 子どものけがや病気の時に安心して医療を受けられるよう、医療費の自己負担を助成する小児医療費助成事業。公明党が長年にわたって訴え続けてきた事業ですが、今年4月から通院助成の対象が「小学6年まで」から「中学3年まで」に拡大されることになりました。引き続き「全世代型社会保障」の構築に向け、所得制限の撤廃と18歳までの助成拡大を目指します。

認知症対策に全力

 25年には認知症患者が全国で700万人、横浜市で20万人を超えると予想されており、患者本人と家族が安心できる仕組みが必要です。予算案には65歳以上を対象に、市内の医療機関(3カ所)で問診による検査を行う認知症早期発見モデル事業が盛り込まれました。さらに、認知症の鑑別診断や相談などができる「認知症疾患医療センター」の区内設置を早期に進めて参ります。

犯罪被害者等への支援

 私共が主導し、成立した「横浜市犯罪被害者等支援条例」が今年4月から施行されます。これに合わせて、予算案では約2千万円の予算がつき、家事、育児、介護、居住確保等の経済的支援、カウンセリング等の精神面への支援など、総合的な支援が充実します。

 引き続き、安全・安心な青葉区を目指します。

行田朝仁

TEL:045-482-5670

http://www.komei.or.jp/km/gyota/

青葉区版の意見広告・議会報告最新6件

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育てイベント初開催

ラフェリーチェ

子育てイベント初開催

家庭内の悩み相談も

5月2日~5月2日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク