青葉区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

日体大FIELDS横浜 勝負の2季目に挑戦 ホーム開幕戦は24日

スポーツ

決意を固める選手
決意を固める選手

 女子サッカーなでしこリーグ1部がきょう21日に開幕し、「日体大FIELDS横浜」は勝負の2季目を迎える。開幕戦はアウェイで、ホーム初戦は24日(日)。キャプテンの嶋田千秋選手は「一戦一戦を戦い抜き、自動残留を目指す」と闘志を燃やす。

 昨季からなでしこリーグ1部で戦うフィールズは、日本体育大学女子サッカー部が母体。2015年に設立され、社会人や学生から成るトップチームのほか、大学生チームなど4つの下部組織から構成され、総勢150人超の選手が所属している。

 1部初挑戦となった昨シーズンは、学生主体の若いチームということもあり、成績は3勝4分11敗の9位。2部降格の危機もあったが、昨年末に行われた入れ替え戦で劇的な同点ゴールを決めて残留をつかみ、今季も国内最高峰のリーグに挑戦する。

「成長に期待を」

 昨季を戦い抜いてきた多くの選手が退団や移籍をしたことで、今シーズンも厳しい戦いが予想される同チーム。それでも嶋田選手は「負けるつもりはない」と力強く語る。「若いチームでまだ甘い部分もあるが、一試合ずつレベルを上げていきたい。まずは自動残留」と8位以内を見据える。

 チームコーチは「若返ったチームでどうなるかわからない分、期待値も大きい」と話し、「チーム全体の連携を意識しながら戦い抜いていければ」と語った。

ニッパツで浦和戦

 21日の開幕戦は敵地でINAC神戸レオネッサと戦う。そして24日にはホーム開幕戦に浦和レッドダイヤモンズレディースを迎える。神戸は昨年2位、浦和は4位とどちらも強豪だが、嶋田選手は「やるしかない」と意欲を語り、「見ている人をもどかしくさせるかもしれないが、チームの成長幅を楽しんで、温かく見守ってほしい」と呼びかけている。

 サポーターの一人、名古屋孝夫さんは、「チーム編成が変わり寂しい部分もあるが、新しい力を楽しみに全力で応援したい」と期待を寄せている。

 ホーム開幕戦の会場はニッパツ三ツ沢球技場で、午後1時にキックオフだ。

キャプテンの嶋田千秋選手
キャプテンの嶋田千秋選手

青葉区版のローカルニュース最新6件

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進

4月25日号

「演劇」で特殊詐欺対策

お披露目式に200人

新体制で若者支援

北部ユースプラザ

新体制で若者支援

4月25日号

「しあわせの青い鳥」を上演

読者プレゼント

「しあわせの青い鳥」を上演

4月25日号

風景写真展、長津田で

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育てイベント初開催

ラフェリーチェ

子育てイベント初開催

家庭内の悩み相談も

5月2日~5月2日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク