青葉区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

青葉ベースボールアカデミー 県代表で関東大会へ 公・私立中学の有志が団結

スポーツ

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
優勝めざし練習を重ねる部員たち
優勝めざし練習を重ねる部員たち

 区内の中学校野球部有志で結成する「青葉ベースボールアカデミー(青葉クラブ)」が3月30日からはじまる「14U関東オープンKB野球大会」に神奈川県代表として出場する。昨年5月に結成された青葉クラブにとって初の大舞台に期待が集まる。

 学校の部活動において短縮化の動きが進む中、「もっと野球がしたい」「上手くなりたい」という野球部員のために学校教諭ら地域の大人がボランティアで指導する「青葉ベースボールアカデミー」。区内の公立、私立中学12校から希望者を募り、約40人が同じチームの一員として月2回ほど練習を重ねている。

 チームキャプテンの伴愛斗さん(14・あざみ野中)は「毎日一緒に練習できないのでチームワークが課題だった。練習を重ねるなかで話し合う機会を多く持つようにして、雰囲気も良くなってきた」と笑顔で語る。普段はライバルでもある他校の部員と結成するチームならではのむずかしさもあるが、コーチを務める青葉台中学校教諭の坂脇寛人さんは「お互いが刺激しあい、チームとして強くなることで、それを自分たちの学校に持ち帰り、青葉区全体のレベルアップにつながれば」とこのクラブの意義を話す。

めざすは優勝

 関東オープンKB野球大会は、日本中学生野球連盟の下部組織である神奈川県KB野球連盟が主催する。神奈川や東京、埼玉など1都5県から選抜されたチームのほか、北海道と山形からの招待を含め16チームが参加する。神奈川からは青葉クラブを含む予選を勝ち抜いた4チームが出場する。副キャプテンの宮本侑弥さん(14・あざみ野中)は「めざすは優勝。1人ひとりが勝利への意識を高く持ち、全力で臨みたい」と意気込みを語る。大会はトーナメント形式で、青葉クラブの初戦は保土ヶ谷球場で埼玉代表チームと争う。坂脇さんは「他県の選手と真剣勝負をすることで、その経験を各校で生かしてもらえたら」と期待を寄せた。

一般社団法人横浜市青葉区医師会

2月19日 市民公開講演会「新型コロナウイルス感染症 最新の治療法」

http://www.yokohama-aobaku-med.com/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

認知症支援、ラジオ糸口に

認知症支援、ラジオ糸口に 社会

コロナ禍でのPRに繋げ

1月20日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

1月20日号

ICTでコロナ禍対応

小澤区長インタビュー

ICTでコロナ禍対応 政治

情報発信や事業に活用

1月13日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 政治

反転攻勢に強い意欲

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    1月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook