青葉区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

市政報告 朗報!「中学校給食」に向け行政が動く 日本共産党横浜市会議員 大貫憲夫

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 3月15日の横浜市会予算特別委員会で教育長が「学校給食法に基づくハマ弁の様な仕組みを検討する」と明言しました。市が、中学校給食の実施を検討すると表明したのです。実施時期はハマ弁事業者との契約期間が終了後の2021年となる見込みです。

 長年にわたる市民の願いだった給食は、与党体制を組む会派、自民党・民権フォーラム・公明党がハマ弁支持だったことで拒まれ続けていました。しかし、給食を求める世論の高まりや市民運動の活発化、日本共産党横浜市会議員団の議会での論戦と取組が実り、第3回定例会で民権フォーラムが、第4回定例会で公明党が「ハマ弁を給食に」と市長に要求するなど姿勢が変化しました。そして今回、市がいよいよ重い腰を上げ、給食実施の検討に入ったのです。

 もちろん私たちが求めるのは、給食調理室を学校ごとに整備する自校方式の給食です。ハマ弁の給食化とは異なりますが、給食の実現という意味では大きな一歩です。給食に反対している会派は自民党だけになりました。

どんな給食になるか

 今後はどういう「給食」になるかが大きなテーマです。私たちが主張する自校方式は出来立てで温かなメニューをみんなで食べられるメリットがあります。市教委の調査によると、青葉区内13校のうち、山内、谷本、みたけ台、美しが丘、すすき野、あかね台、あざみ野、市ケ尾中学校の8校は給食調理室を置ける敷地があります。また、鴨志田中学校は近隣小学校の施設を使う親子方式で実現できます。残る4校についても2階建の給食調理室設置や隣接用地購入など工夫次第で可能です。

 日本共産党は、冷めたい配達弁当方式ではなく、自校方式を基本とした給食の実現を目指します。

日本共産党横浜市会議員団 大貫憲夫

横浜市青葉区あざみ野1-21-10

TEL:045-902-6540

http://www.ohnuki-norio.jp/

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

世界の大転換期に日本が進むべき道

日本の政治を機能させる

世界の大転換期に日本が進むべき道

自由民主党参議院比例区支部長(前横浜市長)中田 宏

6月27日号

青葉区の声をカタチに!

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

青葉区の声をカタチに!

公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

6月6日号

地域全体で子育て環境の充実を

県議会レポート

地域全体で子育て環境の充実を

神奈川県議会議員(自民党) 内田美保子(みほこ)

5月1日号

旗幟鮮明 117

小島健一が語る「県議会レポート」

旗幟鮮明 117

神奈川から日本を変える

5月1日号

「青葉区ナンバーワン プロジェクト!」

 小さな行政で民の力により大きな公の社会をつくる 県政報告

「青葉区ナンバーワン プロジェクト!」

 神奈川県議会議員 産業労働常任委員会委員長 赤野たかし

3月28日号

青葉区の声をカタチに!

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

青葉区の声をカタチに!

公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

3月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク