青葉区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

北部ユースプラザ 新体制で若者支援 区内NPOが運営

社会

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena
あいさつするスタッフら
あいさつするスタッフら

 若者のひきこもりや不登校などの相談、支援を行う施設として2010年に横浜市が開設した「よこはま北部ユースプラザ」(都筑区茅ケ崎中央11の3の3階A号室)。今年4月から運営法人が桜台のNPO法人パノラマ(石井正宏理事長)に変わり、15日に「お披露目会」が行われた。

 パノラマは、14年から不安や困難を抱える高校生への早期支援などを目的に田奈高校などで高校内居場所カフェ事業を実施している。毎週木曜の昼休みと放課後に図書室で地域ボランティアらとジュースや菓子などを用意し、生徒たちに寄り添ってきた。

 中途退学や進路未決定のまま卒業するなどして学校から離れた子どもたちを含めて、地域で引きこもり等の若者を支援できればと今回、5年ごとに市が行っている同施設の運営事業者の選定に応募していた。石井理事長は「これまでの経験を生かして貢献していきたい」と話す。

 同施設は、青葉・都筑・緑・港北区のおおむね15歳から40歳未満の若者と家族が対象。従来から安心して通える居場所の運営や総合相談などを行っており、新体制となった今後も基本的に変わらず引き継いでいく。このほか同法人が高校生向けの就労支援として以前から行う有給職業体験プログラム「バイターン」も実施予定だ。

 開館は月曜〜土曜の午前11時から午後7時。居場所の利用時間等、詳細はHP(ホームページ)(【URL】 http://www.kitapla.jp)を確認。日曜祝日と第3月曜、年末年始は休館。初回利用の際は左記に電話を。

 (問)同施設【電話】045・948・5505

青葉区版のローカルニュース最新6

定演、横浜・川崎の3会場で

神奈川フィル

定演、横浜・川崎の3会場で 文化

常 任指揮者 川瀬氏、最後の1年に

10月15日号

マスク4千枚を寄贈

桐蔭横浜大

マスク4千枚を寄贈 スポーツ

青葉区サッカー協会に

10月15日号

体操で心と体をほぐす

たまプラーザ地域ケアプラザ

体操で心と体をほぐす 社会

講座が徐々に再開

10月15日号

「オールトヨタ」で献血支援

「オールトヨタ」で献血支援 社会

県内各社 9月に480人分

10月15日号

緒形拳さんの活躍一堂に

横浜市歴史博物館

緒形拳さんの活躍一堂に 文化

戦後大衆文化史を振り返る

10月15日号

女性特有のがんと検診

ピンクリボン月間企画

女性特有のがんと検診 社会

〜私らしく地域で生きる〜

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク