青葉区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

ハンバーグで"ガチ"勝負 区内から2店舗出場

経済

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市内商店街でハンバーグのナンバーワンを人気投票で決める「ガチハンバーグ!」の投票が6月1日から始まる。18区39商店街から47品がエントリーし、青葉区内からは2店舗が出場する。投票期間は7月31日までの2カ月間。

 商店街の活性化を目的に、(一社)横浜市商店街総連合会が毎年実施する「ガチ!シリーズ」。9回目の今回は「ハンバーグ」がテーマで、各店が工夫を凝らした自慢の逸品が揃う。金賞1点、銀賞3点、銅賞5点を一般投票で選ぶ。区内からは青葉台商店会の「炭火焼ステーキGrill C(グリル シー)」と、奈良北商店会の「CON LE MANI(コン レ マー二)」がエントリーしている。

厳選した肉で勝負

 今回初参加の「Grill C」(【電話】045・482・5105)は、「国産牛のハンバーグ(デミグラスソース)」(税込1250円)で出場。厳選した素材を炭火焼ステーキで、リーズナブルに楽しめる同店。今回は、ステーキと同じ黒毛和牛と上州牛のランプとイチボを贅沢に使い、赤身本来の味や黒毛和牛の味と香りを楽しめる一品に仕上げた。デミグラスソースは、肉の強い味に負けないよう、成熟牛のテールから作るこだわりぶり。神谷和孝店長は「ステーキだけでなく、ハンバーグでも肉本来の味を楽しんでもらえたら」と意気込みを語った。

野菜を楽しむ一品

 同じく初参加の「CON LE MANI」(【電話】045・530・5647)は「ゆず玉ねぎソースのハンバーグ 季節のグリル野菜添え」(税込1000円)。同店はアクセサリーなども扱うクラフト&カフェ。区内の無・低農薬農園から仕入れた旬の野菜をグリルし、スパイス香る合挽肉を使った自家製ハンバーグに付け合わせた。レタスも添えたサラダ感覚の一品で、おろしと刻み玉ねぎを使ったゆず風味の和風ソースでさっぱりと肉と野菜の旨味を引き立てる。「季節野菜が今後ズッキーニやトマトなどに変わっていく面も楽しんでほしい」と矢幅英美さん。

 ガチハンバーグの投票は6月1日(土)から7月31日(水)まで2カ月間、ハガキやWEBなどで受け付け、8月下旬から9月上旬に結果が発表される。詳細は公式ホームページ(【URL】https://gachihamburg.com)で確認できる。

青葉区版のトップニュース最新6

高校生が「小顔パッチ」開発

高校生が「小顔パッチ」開発 経済

CF(クラウドファンディング)成功で販売に道筋

5月28日号

医療と経済に重点配分

補正予算

医療と経済に重点配分 政治

林市長、コロナ対策語る

5月28日号

「全妊婦にPCR検査を」

カンガルーの会

「全妊婦にPCR検査を」 社会

安心な出産求め 署名活動

5月21日号

SNSで飲食店を応援

SNSで飲食店を応援 経済

「#たまプラエール飯」開始

5月21日号

困窮家庭に「助け合い」弁当

困窮家庭に「助け合い」弁当 社会

藤が丘の飲食店が取組み

5月14日号

再整備計画素案を公表

藤が丘駅前

再整備計画素案を公表 経済

病院と公園は一体整備

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク