青葉区版 掲載号:2019年7月25日号 エリアトップへ

 政治に倫理を 「多様性と協調性」を兼ね備えた社会をつくる 県政報告 知事、教育長、警察本部長に代表質問!  神奈川県議会議員 社会問題・安全安心推進特別委員会委員長 赤野たかし

掲載号:2019年7月25日号

  • LINE
  • hatena

 改選後、初の県議会定例会が行われ、私は第二会派(立憲民主党・民権クラブ)を代表して登壇。約2時間にわたり、県の姿勢を正し、この内容はTV放映のほか新聞各紙にも取り上げられました。

中学校に給食を

 全国の中学校給食実施率93・2%(18年5月1日時点)に対し、本県は半分以下の44・5%。47都道府県の中で断トツの最下位です。横浜市の給食未実施が大きな要因ですが、私は共働き世帯が増える中、家庭環境の違いで栄養格差が生じてしまわないよう、県教育長に公立中学校給食の早期導入を訴えました。

 県教育長は「広域行政を担う立場から、食育の推進や栄養教諭の配置に努めるとともに、政令市を含む各市町村教育委員会の会議等を通じ、中学校給食の実施を働きかけていく」と答弁。私は県側から横浜市などの給食導入に全力を尽くします。

ヘイトスピーチ条例

 トランプ大統領の人種差別発言をはじめとして、社会全体にヘイトスピーチ(憎悪に基づく差別的な言動)が目につく大変残念な状況にあります。

 私は知事に対し「『ヘイトスピーチ解消法』から約3年。県では具体的な議論が進んでいない。実効性のある条例の制定が必要」と提案しました。

 知事は「条例化を含め、総合的な視点で研究する」と条例に初めて言及。一歩踏み込んだ答弁を引き出しました。私は日本人として誇り高く生き、経済問題などで我が国が正当な主張をしていくためにも、分断社会を助長するヘイトスピーチはやめさせるべきだと考えます。

多発する事件・事故の対策

 多発する殺傷事件や逃亡事件等を受け、私は警察本部長に「不審者の出没等について可能な限り、これまで以上に速やかに情報発信を行っていくべき」と強く要望しました。

 警察本部長は「タイムリーな犯罪情報等の提供に努める等、地域社会と一体となって安全・安心まちづくりを推進していく」と答弁。

 このほか「県職員の民間企業への派遣」「障がい者雇用の促進」「サテライトオフィス等による経済効果」「国民健康保険に係る県の役割」「教員の働き方」等の質問をしました。

神奈川県議会議員 赤野たかし事務所

横浜市青葉区美しが丘4-1-1-101  

TEL:045-517-4476
FAX:045-909-5322

http://gyoukaku.com/ takashi.akano@gmail.com

青葉区版の意見広告・議会報告最新6

県民の住環境を整える【2】

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

県民の住環境を整える【2】

居住支援の推進について

4月15日号

コロナ禍で進む教育改革

すべては次の世代のために

コロナ禍で進む教育改革

衆議院議員 みたに英弘

4月8日号

県民の住環境を整える【1】

自民党 県議会議員 内田みほこ 県政報告

県民の住環境を整える【1】

賃貸住宅供給促進計画について

4月8日号

カジノ予算3・6億円に反対

カジノ予算3・6億円に反対

横浜市会議員 藤崎浩太郎の市政報告

4月1日号

青葉区の声をカタチに!

「何を言ったかでなく、何をやったか!」 市政報告

青葉区の声をカタチに!

公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.komei.or.jp/km/gyota/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月15日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

母子家庭ほか食料支援

母子家庭ほか食料支援

4月18日実施、事前申込制

4月18日~4月18日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter