青葉区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

「わたしノート」活用を学ぶ ケアプラザで講座開催

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区が作成したエンディングノート「わたしノート」の活用法を学ぶ講座が8月9日、さつきが丘地域ケアプラザで開催された=写真。

 エンディングノートとは人生の終盤に希望の生き方や伝えておくべき情報などを書いておくもの。同地域ケアプラザともえぎ野地域ケアプラザ、区の共催で38人が参加した。

 講師を務めた行政書士の柳川晶子さんは「誰も明日のことは分からない」と話し、家族が困らないようにノートを書いておく重要性を説明。また、使っていない銀行口座やクレジットカードは自身の死後、相続対象になったり、解約に手間取るため、事前の整理をアドバイス。ネット銀行やネット証券は利用自体が家族には分からなくなると注意を促し、パスワードを伝えておく必要も語った。

 そのほか、柳川さんは連絡先が携帯電話にしか入っていないと、もしもの時に家族は友人などに連絡できないと指摘。自身との関係と共に連絡先を書いておくことが良いという。また、延命措置や介護について記入する欄は、家族が判断する指針になるとして気持ちを書いておくべきと語った。

 同講座開催に協力した男性サークル「食遊クラブ」の松本延四郎さんは「自分が日頃いかに整理できていないか分かった。これから物と心の整理をしたい」と感想を語った。柳川さんはノートの内容を信頼できる人に伝えることが大切と話したほか、気持ちを整理し、自分を見つめ直すきっかけになると呼び掛けていた。

 「わたしノート」は区高齢・障害支援課や区内地域ケアプラザなどで配布している。(問)同課【電話】045・978・2449

8/2家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

インターの子どもと交流

インターの子どもと交流 教育

藤が丘幼稚園で合同保育

2月20日号

福島を知る写真展

福島を知る写真展 文化

鴨志田町のウチルカで

2月20日号

身体を動かす体験講座

身体を動かす体験講座 スポーツ

無料 桐蔭大で19日・21日

2月13日号

豆まきで境内活気

豆まきで境内活気 文化

 みたけ台の祥泉院

2月13日号

ノーリードで遊ぼう

ノーリードで遊ぼう 文化

鉄町の青葉ドッグラン

2月13日号

分散・分権型の経済社会を

分散・分権型の経済社会を 政治

江田議員が新春の集い

2月13日号

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク