青葉区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

荏子田 明月会が国交大臣表彰 道路の愛護活動で

社会

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena

 道路の愛護活動等で特に顕著な功績があったとして8月23日、青葉区荏子田の明月会=写真=(根岸俊昭会長)が国土交通大臣表彰を受賞した。今年は全国88団体・6個人が受賞し、区内では唯一の受賞となる。

 明月会は、1961年に設立された老人会。現在の会員数は84人で、グラウンドゴルフや囲碁将棋等のほか、道路や公園、自治会館のある八幡社など地域の美化活動にも力を入れているのが特徴だ。

 道路の活動範囲は荏子田1丁目から3丁目に続く元石川高校前の通り約1Km。横浜市と協働で道路の美化・清掃を行う「ハマロード・サポーター」にも登録しており、春と秋には街路樹の桝(ます)に花を植え、草むしりや水やり等の維持管理も行っている。

地域交流を評価

 道路や公園等の美化活動に加え、大臣表彰で評価をされたのが、世代を超えた地域との取り組み。明月会は毎年2回、荏子田小学校の児童と花植えを行っているほか、昨年11月には初めて元石川高校内にある麻生養護学校分教室の生徒たちと街路樹の桝の土を耕す作業を実施。また明月会の活動を受け、愛和太陽幼稚園では職員が幼稚園前に花を植えるなど地域の美化も広がっている。

長年の活動で功績

 「こんなに大きな受賞は滅多にないこと。皆さんにやっていただいた功績が認められ、本当に嬉しい」と根岸会長は喜ぶ。

 老人会での美化活動は約16年前、当時会長で今も会員として活動する本多實(みのる)さん(94)が「自分たちのまちは自分たちできれいにしたい」と、清掃に取り組んだのが始まり。その後、花植えが加わり、さらなるモチベーションにつながるなど活動内容も深まっていった。

 「一緒に笑ったりしながら参加して寿命も延ばしてもらえれば」と会員ら。根岸会長は「通る人にきれいと言ってもらえるよう、これからも続けていきたい」と話す。

 来年も2、3月には、荏子田小児童らと植えたスイセンの花が咲き、荏子田公園を彩る予定だ。

三浦ブランド認定 くろば亭

まぐろを知り尽くした料理人が作る“食べるまぐろラー油”はご飯が進む万能調味料

http://kurobatei.com

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

ロボットでICT学ぶ

つつじが丘小児童

ロボットでICT学ぶ 教育

横浜市大・NTTが連携

2月20日号

健康、子育て、防災に注力

2020年度青葉区予算案

健康、子育て、防災に注力 経済

自主企画事業に1億円

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

障害者就労の価値高める

NPO法人エキープ

障害者就労の価値高める 社会

地域も協力し事業所新設

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 経済

IR推進に4億円

2月6日号

作業所の魅力向上めざす

アオバリ

作業所の魅力向上めざす 社会

地域住民と集会を初開催

1月30日号

三浦ブランド認定 三富染物店

1833年創業老舗店「ヤマショウさんの手ぬぐい」。全て手染めの伝統が光ります

https://www.m-some.com

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

福島を知る写真展

福島を知る写真展

鴨志田町のウチルカで

2月22日~3月13日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 懸命のアピール合戦

    〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

    懸命のアピール合戦

    2月20日号

  • 社会で生きる個性を育てる

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【2】

    社会で生きる個性を育てる

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    2月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク