青葉区版 掲載号:2019年12月19日号 エリアトップへ

横浜市中央卸売市場 業務条例を全面改正 取引の活性化なるか

経済

掲載号:2019年12月19日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市民の台所、中央卸売市場について取引ルールの緩和等を柱とした業務条例の全部改正が市会第4回定例会で可決される見通しだ。取扱高の減少が続く同市場にとって取引の活性化につながるか注目される。

 市が開設している同市場は神奈川区にある本場と鶴見区にある食肉市場の2市場体制。本場では青果と水産物、鳥卵が、食肉市場では牛肉・豚肉が取引されている。2018年の総取扱数量は約42万トン、総取扱金額は約1700億円の規模を持つ市民の台所だ。

 今回の全部改正は、国の卸売市場法改正を受けて行うもので、施行は20年6月21日。取引ルールが見直され、「卸売業者」が全国の生産者から生鮮食料品を集荷し、鮮魚店や飲食店を顧客とする「仲卸業者」と、スーパーなどの「売買参加者」だけに販売するといった従来の原則が緩和される。改正されると卸売は仲卸と売買参加者以外の第三者にも販売が可能になり、加工業者など新規取引先を開拓できるようになる。また、仲卸も現在の卸売以外からの仕入れが可能となり、同市場の品揃えにない商品も他市場や生産者から直接仕入れることができるなど、取引先の飲食店などからの細かなニーズに対応しやすくなる。市によると、市民にとっても品揃えの充実や価格低下などのメリットにつながる可能性があるという。一方、卸売、仲卸両方ともに同じ顧客を取り合う可能性も懸念されるなど不透明な部分も。このため、市は卸売、仲卸両方とも取引先の情報公開をすることで市場運営の秩序維持を図る考えだ。

続く取扱高減少

 近年は同市場の取扱数量・取扱金額の減少が続く=表。市は産直販売など市場外流通の増加や、水産物では食生活の変化など外部要因を理由に挙げるが、今回の改正を「市場活性化に向けた契機にしたい」と意気込む。現在作成中で、市場全体の経営戦略を記載する「経営展望」にも改正内容を踏まえる考えだ。

青葉区版のトップニュース最新6

地元の大人が“手洗い講座”

荏子田小学校

地元の大人が“手洗い講座” 社会

児童との交流楽しむ

11月26日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

認知症治療の中核に

横浜総合病院

認知症治療の中核に 社会

支援体制の充実に期待

11月19日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、目立つ若年層にネット活用

11月12日号

都市公園コンクールで受賞

荏子田太陽公園愛護会

都市公園コンクールで受賞 社会

コミュニティ活動等が評価

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 青葉区の声をカタチに!

    念願の認知症疾患医療センター設置 市政報告

    青葉区の声をカタチに!

    公明党 横浜市会議員 行田朝仁(ぎょうたともひと)

    11月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

専門家が語るコロナ対策

専門家が語るコロナ対策

青葉区役所で12月20日

12月20日~12月20日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第10回「お手伝いが生きる力の           基礎を養います」

    11月26日号

  • 20万8千筆の署名提出

    〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

    20万8千筆の署名提出

    11月19日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク