青葉区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

2020年度青葉区予算案 健康、子育て、防災に注力 自主企画事業に1億円

経済

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区が2020年度に行う自主企画事業の予算案と概要がこのほど明らかになった。予算案は1億541万2千円で、19年度から534万8千円減少した。「健康」「子育て」「防災」を主要事業とし、「住みつづけたい・住みたいまち」を目指す。

 自主企画事業は市民局の「個性ある区づくり推進費」の中に位置づけられ、地域の身近な課題やニーズに、迅速、きめ細やかに対応するために実施するもの。青葉区は将来にわたって「住みつづけたい・住みたいまち」であり続けるために5つの柱=表参照=に沿った取組みを進め、「つながり」を育み「健やかさ」「安心感」「魅力」を高めていくとしている。

 5つの柱の中で、主要事業として推進するのが「健康」「子育て」「防災」。健康では、「あおば健康スタイル」の推進を掲げ、オーラルフレイルの予防普及啓発やウオーキングマップを充実させ、気軽に取り組める健康づくりを促進。子育て面では「あおばこどもシステム」を推進。幼児期の発達に応じた親の関わり方を学ぶ「親育ち講座」や異世代交流による青少年育成などを新たに実施しながら、子育てしやすいまちを目指す。

 防災では、災害発生時に必要となる知識や行動を学ぶ体感型防災啓発事業を新規に実施するほか、防災マップの更新や浸水想定区域等の世帯を対象とした講座で自助・共助の啓発を強化する。

 そのほかにも、地域福祉保健の推進や商店街活性化、まちの魅力アップ、自然と調和した多世代が住みやすいまちづくりなどの継続事業を含め、さまざまな施策が盛り込まれている。

 区予算を含む横浜市の20年度予算案は現在開会中の市会定例会で審議されている。

青葉区版のトップニュース最新6

46年の歴史に幕

すすき野小学校

46年の歴史に幕 教育

コロナ受け、式典は縮小

4月2日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 政治

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

着物ドールリウム、世界へ

藤が丘在住 星野さん考案

着物ドールリウム、世界へ 文化

フランスの展示で高評価

3月26日号

市内経済に深刻な影響

新型コロナ

市内経済に深刻な影響 経済

融資認定832件、31億円超

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月5日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.3

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.3

    「谷戸 後編」

    3月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク