青葉区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.3 「谷戸 後編」

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 丘陵地が雨や湧水等の浸食により形成されたヤト地形。神奈川県ではヤト(谷戸)と呼ぶが、東京湾の対岸の千葉県ではヤツ(谷津)と呼び、県の大半を占める。

 東京は渋谷、四ツ谷など戸も津も付かないヤ(谷)一文字。と、思いきや。それは府内(江戸の市街地)に限ったことで、その外側はヤトが多く、若干だがヤツも混じっていた。

 埼玉県も含めた北関東も同様にヤト、ヤツが混在するが、さらにそこへヤチ(谷地)が加わる。谷地は東北地方では馴染みのある言葉。民俗学者の柳田國男氏によるとアイヌ語起源で沼沢や湿地を意味する言葉らしい。

 雨や湧水による侵食でできたヤトもほとんどが湿地帯。もしかすると湿地を意味する広義のヤチが、東北から関東に下りてくる過程で狭義のヤツ、ヤト、ヤに変化していったのかもしれない。

 神奈川はほぼヤトだと書いたが、かつての武士の都・鎌倉だけは違っていた。扇ガ谷(おうぎがやつ)、亀ヶ谷(かめがやつ)など歴史に登場する地も含め、ヤツ地名が50以上。ヤト地域である横須賀、逗子、藤沢に囲まれるようにしてヤツら(・・・)は鎌倉を占拠していた。

 いや、1ケ所ほころびがあった。横浜市金沢区だ。鎌倉の出入り口の一つ、朝比奈の切通しから鎌倉幕府の外港・平潟湾(金沢八景)へ抜けるルートにヤツらはいた。港の先は房総半島…なるほど、義朝だったか!

 源義朝…頼朝・義経の父親である。彼は房総半島で少年期を過ごし、土地の豪族から「上総御曹司」と呼ばれていた。その後、拠点を移して住んだのが鎌倉の亀ケ谷。つまり、房総半島からヤツらを連れてきたのは義朝!…に違いない。そう結論づけようとしたら、小田原にもヤツ地名が散らばっているのを見つけてしまった。う〜ん、ヤット(谷戸)謎が解けるところだったのに!厄介なヤツ(谷津)だ。

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

10月14日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第18回「お子さんと天気の”先読み”をしてみましょう」

9月30日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

   「お子さんの視力検査について」 コラム【2】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

9月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook