青葉区版 掲載号:2020年4月2日号 エリアトップへ

市資源循環局 食品ロス削減で社会貢献 消費期限間近の商品購入で寄付

社会

掲載号:2020年4月2日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市資源循環局は社会貢献型フードシェアリングプラットフォームを運営する(株)クラダシと公民連携の覚書を締結し、食品メーカーなどの食品ロスを削減するとともに、消費者が購入した代金の一部を市内で活動するフードバンク団体などに寄付し、活動を支援する取り組みを開始した。こうした取り組みは国内初となる。

 同社が運営する「KURADASHI.jp」は販売終了商品や季節商品、賞味期限が間近の商品など、賞味期限内にも関わらず廃棄されてしまっていた商品を特価で販売することで、「もったいないを価値へ」変えていくサービス。食品ロス削減への賛同メーカーから協賛価格で提供を受けた商品を消費者へ販売し、売り上げの一部を社会貢献団体へ寄付する仕組みで、環境保護や動物保護団体などを支援している。

フードバンク持続的に支える

 行政と民間が互いに対話を進め、新たな事業機会の創出と社会課題の解決に取り組むために市が設けている「共創フロント」を通じて同社から打診を受けた同局。重点施策として取り組んでいる「食品ロス問題」に加え、まだ食べられるにもかかわらず廃棄されてしまう食品を引き取り福祉施設や生活困窮者などへ無料で提供する取り組み、フードバンク活動を支援することができると協力を決めた。

 今回の提携で「KURADASHI.jp」で購入した際に指定できる寄付先として、市内でフードバンク活動を展開している3つの団体「NPO法人フードバンク横浜」(神奈川区)「NPO法人神奈川フードバンク・プラス」(中区)「公益社団法人フードバンクかながわ」(金沢区)が加わった。

年間ロス643万トン

 国の調査によると年間643万トン(2016年度)の食品ロスが発生している。事業系はそのうちの55%。市内では事業系の数値は明らかにされていないが、同局によると、家庭から年間10万5千トン(18年度)の食材が食されることなく廃棄されているという。

 同局3R推進課の江口洋人課長は「食品ロスの問題とフードバンクの支援団体の取り組みを持続的に支えることができる仕組み。多くの市民に知っていただき、活用していただくことで、食品ロス削減とフードバンク活動がより広がれば」と話している。

 利用は「KURADASHI.jp」サイト(https://www.kuradashi.jp/)内から購入を希望する商品を選択。市内3つのフードバンク団体を含む19組織から寄付先を選ぶことができる。

寄付額が表示される画面
寄付額が表示される画面

青葉区版のローカルニュース最新6

「福祉に役立てて」

「福祉に役立てて」 社会

企業・個人が社協に寄付

6月30日号

日体大で脳死移植の授業

日体大で脳死移植の授業 教育

支援協会が講師に

6月30日号

入選作品を展示

あおば美術公募展

入選作品を展示 文化

7月9日から

6月30日号

地域ボランティア募集

地域ボランティア募集 教育

中高生対象

6月30日号

34団体のコーラス響く

34団体のコーラス響く 文化

7月2日、都筑公会堂で

6月30日号

ヘルスメイト食育パネル展

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook