青葉区版 掲載号:2020年4月23日号 エリアトップへ

子どもとの接し方、コツは 学校休業受け、虐待を懸念

社会

掲載号:2020年4月23日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染症対策で、小・中学校、高校、特別支援学校等で臨時休業が続いている。外出自粛のストレスの下、保護者と子どもが一緒に過ごす時間が長くなり、虐待の増加を懸念する声も多い。本紙では星槎大学(青葉区さつきが丘)の准教授で、児童福祉が専門の中安恆太(こうた)氏=写真=に、保護者として子どもとどう接するべきか話を聞いた。

 横浜市中央児童相談所によると今年3月の虐待通告件数は非公表だが、昨年3月と比べ減っている状況だという。しかし、学校休業で教育現場からの通告が大幅に減っていることと、昨年は女児虐待死事件が大々的に報道されたため、通告が例年よりも多かったことを挙げ、虐待件数の減少を楽観視できる状況ではないと語る。児相担当者は電話での相談状況から「保護者の負荷、家庭内ストレスが高まっていると感じる」と話し、危機感をあらわにしている。

 こういった状況の中、中安氏は「虐待の一歩手前、不適切な養育が起きやすいのではないか」と警鐘を鳴らす。具体的には日常生活の中で人格否定や「ばか」などと言ったり、怒鳴ったりすること。中安氏は怒り方について一方的に押し付けるのではなく、子どもが何を求めているのかを考え、フィードバックすることが大切だと話す。例えば、子どもが1時間と定められたゲームをやめない状況であれば、怒鳴るのではなく「何時までの約束かな」「時間内でやめるにはどうしたらいいかな」と質問していく。大切なのは、子どもがゲームをやめることではなく、時間の使い方を学ぶことだと中安氏。「『何のために怒るのか』を保護者には考えてほしい。怒る理由は家庭を安全安心な場所にしたいためで、子どもとの関係性を悪くしたいわけではないはず。いらいらしやすい状況だが、その行動が正しいのか考えてほしい」と呼びかけ、「もし怒鳴ってしまったら子どもに謝りましょう」とアドバイス。「せっかくの機会。親子で過ごす時間を楽しんでほしい」と話している。

 一方、自分の感情がコントロールできなくなった場合は、迷わず青葉区役所こども家庭支援課(【電話】045・978・2460)または北部児童相談所(【電話】045・948・2441)にSOSを。夜間の場合は、よこはま子ども虐待ホットライン(【フリーダイヤル】0120・805・240)へ。

青葉区版のトップニュース最新6

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

17日から集団接種

青葉区

17日から集団接種 社会

新型コロナワクチン

5月7日号

危険なバス停20カ所

青葉区内

危険なバス停20カ所 社会

事業者中心に対策検討

4月29日号

開始注文率20%に

横浜市給食

開始注文率20%に 教育

ハマ弁から移行で倍増

4月29日号

説明会で賛否両論

藤が丘駅前再開発

説明会で賛否両論 経済

基本計画は今夏策定

4月22日号

フレックス制を導入

横浜市教職員

フレックス制を導入 教育

働き方改革の一環で

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter