青葉区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

DV被害「早めに相談を」 区内開設のNPOが支援

社会

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルスの流行に伴う外出自粛が続くなか、懸念されている家庭内暴力(DV)。

 「夫が家にいる時間が長くなったことで被害者が相談しづらくなっていたり、暴力暴言が悪化したりしているケースが懸念される」と指摘するのは鴨志田町のNPO法人DV対策センター代表理事の穂志乃愛莉さんだ。実際に従来の相談者からの連絡が減り、突発的な暴力による相談が増加傾向にあるという。

 こうした状況を受け、同センターは現在、DVに関する相談や保護等の支援体制を強化。「暴力がより弱い子どもに向かう危険もある。命の危険があれば110番を。そこまでではない場合も公的機関や当センターへ早めに相談してほしい」と呼び掛けている。

 同センターはすべての女性と子どもたちが夢と希望を育んで生きていける社会を目指し、今年3月末に開設。DVや虐待被害者の救済支援と、被害者ら母子家庭の教育支援や交流、食品配布等を行っている。

 DV相談は公的な窓口もあるが、穂志乃さんによるとモラルハラスメントや経済的暴力の被害者への支援は、身体的暴力より緊急度が低いため、保護施設の受け皿が限られている現状があるという。こうした被害者を含めた支援を行おうと、心理カウンセラーで自身もDV被害の経験を持つ穂志乃さんが動いたのが開設のきっかけだ。

 相談は同HP(ホームページ)(【URL】http://dvtaisaku.site/)から可能。LINE(ID:dvtaisaku)でも相談できる。

青葉区版のローカルニュース最新6

「透明な街」テーマに個展

市民ギャラリー

「透明な街」テーマに個展 文化

服部篤浩さん

10月22日号

認知症を語り合う

認知症を語り合う 社会

27日にオンラインカフェ

10月22日号

手紙の書き方、学ぶ

美しが丘西小

手紙の書き方、学ぶ 教育

郵便局長が授業

10月22日号

23日から飲食店で販売

23日から飲食店で販売 社会

区内産小麦のあおばビール

10月22日号

地図片手にアトリエ散策

地図片手にアトリエ散策 文化

あすから「寺家回廊」

10月22日号

青葉区コロナ患者 10人増

【Web限定記事】

青葉区コロナ患者 10人増 社会

市内2番の312人

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク